BLOGスタッフブログ

2023.9.289月外リノ見学会 in 東京
~撮影係のレポート~

9月24日(日)に外リノ見学会 in 東京を開催しました。

ご参加いただいた皆様、ありがとうございました。

 

前日の23日(土)にはエターナル不動産投資塾の主催者様のご依頼で

会員の皆様限定で同エリアでの見学会を開催いたしました。

 

最近では家主の会や管理会社様・施工会社様からも会員・自社のお客様向けの

外リノ見学会のご希望をいただくことも増えてきました。

家主仲間や、自分の所属する家主の会向けに外リノの見学会やセミナーを開催してほしいという

方は是非お気軽にお問い合わせください。

 

さて、いよいよバスツアーが始まります。

今回はこちらのバスで向かいます!

マイクロバスや小型バスで開催してきた外リノ見学会。

今回は更に多くの方にご応募いただいたため一回り大きい中型バスでの開催となりました。

 

見学会スタート!

【1件目:練馬区 1994年竣工 2019年外リノ S造 2階建(2棟)】 ギャラリーはこちら!

元々はよくあるアパート形状ながら、それを感じさせない化粧モールとアイアンが目を引くこちらの物件。

『アイアンもデザインしているんですか?』とご質問。

外リノで使用しているのはアイアンに見えても実はロートアルミ。アイアンと違って錆に強いのが大きな特徴です。

また既製品を扱うメーカーもいくつかありますが、外リノの多くの物件ではメーカーに依頼しオーダーで1からデザインしています。

サイズはもちろん、部材の大きさや角度まで細部まで確認しています。

『なるほどだからぴったり合っているんですね:』と納得のお客様。

こちらは弊社のデザインでも人気の化粧モール。

こちらも既製品とは違いオリジナルオーダー品の為

モール最上段に逆勾配を設けることで雨垂れが1段目までで止まるようになっています。

(外リノ竣工後4年となりますが写真でも2段目より下がほぼ汚れていないのが見て取れると思います)

長期のメンテナンスも考えると綺麗な状態が続くとオーナー様の負担軽減にもつながります。

 

他にもサインや照明、皆さん気になるコストまで隅々まで注目して見てくださいました。

スタッフにもさまざまや質問が飛び交います。

 

【2件目:練馬区 2023年竣工 新築分譲マンション】

今回は外リノ見学会では珍しく、インターデザインとして弊社がデザイン監修した分譲マンションを見学しました。

弊社では外リノと並行して分譲マンションのデザインもしております。

こちらは大和地所レジデンス様の練馬区貫井にある物件で、つい先日竣工したばかり。

ただいま入居者様の引越し真っ只中のマンション。

外観のみの見学でしたが、最新の分譲マンションに皆様興味津々。

外リノとはまた異なる本業のデザインに皆様驚いた様子でした。

インターデザインでは日頃から分譲マンションのデザイン監修と賃貸リノベーションの外リノを兼業しているため

相互に実際に使用して仕上がりの良かったマテリアルやデザインを活かしながら日々デザインをアップデート。

お互いの良い引き出しを使ってデザインしています。

 

弊社がデザインした分譲マンションも以下URLにあるのでぜひご覧ください!

分譲マンションの制作実績!

 

 

【3件目:練馬区 1990年竣工 2019年外リノ RC造 7階建】 ギャラリーはこちら!

こちらは中央の屋外階段が特徴的な物件。

個人的にはこちらのサインがお気に入り。

白の外壁にあえて白のサイン。このデザインが好きだというオーナー様もいました。

 

コストを抑える為、効果的な塗装とサインと照明だけで生まれ変わった物件です。

 

 

 

【4件目:練馬区 1992年竣工 2021年外リノ RC造 3階建】 ギャラリーはこちら!

こちらはベージュとブルーでまとめたリゾート地のような物件。

外リノを機に導入した後付けオートロックの端部を隠すよう新たに設けた両側の壁にはブラケットライトでエントランスとして受けの顔を作っています。

物件名のサインや角住戸の手摺・オートロックのアイアンはブルーで統一し、入居者を出迎えてくれます。

 

切文字サインもご相談いただきまして、

見学会に参加した多くのオーナー様はご自身でサインを頼むこともあるそうで、

金額面や設置までの過程でお悩みが多かった印象です。

弊社では実績もたくさんあり、メーカーとのやり取りもさせていただいております。

デザインから配置、サイズ、色、形状。

実際のサイズに印刷して設置高さなどの検討後、施工会社様にはデータと

配置の位置の考え方を記載した指示書をお送りするのでサイン工事はしたことがない…という施工会社様でも

デザイン通り施工していただくことが可能です。事前にイメージをオーナー様にも共有するので思っていたのと違ったなというトラブルを解消できます。

 

 

【5件目:練馬区 2001年竣工 2022年外リノ RC造 5階建】 ギャラリーはこちら!

最後は入口の新設壁が可愛いこちらの物件。

丸く切り抜いた円形の開口から樹が見えるのはユニークと参加者の皆様も興味津々。

入口にはウッドデッキのベンチがあり間接照明が雰囲気を醸し出します。

 

ホールではモザイクタイルと円柱の木がお出迎え。

タイルのパターンもこの物件用に考えたオリジナル。1種類の貼り方でも2色で展開することで

ここまでコンセプトの北欧イメージを演出できるのかとオーナー様も驚いたご様子。

また正面の円柱は入ってすぐのアイポイントとなっていて木は本物の天然木を使用しています

アイアンサインと合わてアクセントとなっています。

 

見学会を終えて

私も初めて見る物件ばかりでしたが、心躍るデザインに感化されました。

また各物件の諸々にかかる金額についても説明させていただき、

各所にかかる材料費、施工費の詳細も実感いただけたかと思います。

 

 

次回見学会東京開催は年末11月か12月の予定です。

それまで待てない!!すぐ相談したい!外リノの物件を実際に見てみたい

という方には個別に物件のご案内をさせていただきますのでお気軽にご相談ください。

外リノご相談はこちら!

 

 

 

 

鳴瀬

株式会社インターデザイン

◎大阪オフィス
〒541-0054大阪市中央区南本町2-2-2 明治屋南本町ビル
PHONE 06(6271)5566・FAX 06(6271)5577

カテゴリ:サイン,デザイン,照明,見学会,ブログ,塗装,パーツ,コンセプト,モールディング,イベント,分譲マンション・店舗他

2023.9.21第9回 いよいよ完成!神戸元町・かゑる屋 
【元町ロジウラ再生プロジェクト】

いつも外リノスタッフブログをご覧いただきありがとうございます。

第8回から約2ヵ月ほど、少し時間があきましたね。

建物自体の工事が終わってからのこの間、

家具や備品の整備・民泊登録のための行政への申請・運営会社様との打合せなど、

“民泊運営の事業主”としての準備を中心に、最終調整を進めてまいりました。

(申請の流れや、手続きの際に感じたことなども、近々ブログにてお話しできたらと思います)

 


そしていよいよ… 神戸元町・かゑる屋 10月12日オープン予定です!

ギャラリー・宿泊予約サイトは後日、正式に公開予定ですので是非ご覧ください。

ここでは一足先に生まれ変わったロジビルの様子を少しだけ、ご紹介します。

 

【外観】

 → 

【2階客室(5名用)】

 → 

【3階客室(メゾネット6名用)・ベランダ】

 →  

   

 

路地裏に潜む、築60年の4階建てビル。

“神戸中華街の隠れ家”をコンセプトに、

外リノがする民泊『神戸元町・かゑる屋』へと生まれ変わりました。

5名用ルーム・メゾネット6名用ルームに、長期滞在に適した備品も完備しています。

 


■かゑる屋見学会も開催予定です■

9月9日に開催した外リノ見学会 in 神戸にて、神戸元町・かゑる屋を見学いただきました。

今後も定期的に、かゑる屋見学会を開催予定ですので、是非お気軽にお申込みください。

また、オーナー様の民泊施設のデザインのご相談もお受けしています。

外リノ見学会のレポートはこちらから。

 

■Instagramでは、写真では伝わりきらない現場の様子を動画でご紹介しています■

■バックナンバーはこちらから■

プロローグ 第1回 第2回 第3回 第4回 第5回 第6回 第7回    第8回

■かゑる屋とは?■


 

株式会社インターデザイン

塩田

◎大阪オフィス
〒541-0054大阪市中央区南本町2-2-2 明治屋南本町ビル
PHONE 06(6271)5566・FAX 06(6271)5577

カテゴリ:かゑる屋,新着情報・トピックス,日々のこと,ブログ,現場より,その他

2023.9.20ちょっとしたこと。

現在、大阪市にて外リノ施工中の物件。

前回現場にて着工打合せを施工業者様と打合せを行い、

塗装色の指定や塗分けの指示をさせていただきました。

 

その後はサインの細かな調整を含め、指示書を作成したりといった作業を行っています。

また、現場には写真を週に1回のペースでいただくようにしており、

塗分けの相違確認や進捗確認も兼ねてお願いしています。

 

ついこの間現場から写真をいただいた際に、塗分けが異なる箇所がありました。

各階の窓下枠から目地(赤丸部)までの部分を黒く塗装する予定でしたが、白に塗装されています。

(足場で見えにくいですが…)

隣の黒に塗装された面(青枠部)は塗装の見切りが既存パネル目地となるので、その高さと揃えたいという意図です。

 

現場に連絡し塗り直していただいたのがこちら。

窓下の部分も黒で塗装することによって、横のラインが強調されたデザインとなり綺麗に見えます。

 

ちょっとしたことですがこういう塗分けで出来上がりの良さが変わります。

今回で写真を定期的にいただくことの大事さを再確認しました。

上記は一部ですが、それも含め”外リノ”は最後まで物件の管理をさせていただきます。

 

まだエントランス等もこれからなので良いものが出来上がるよう頑張ります。

 

前回記事はこちらより↓↓↓

着工打合せ / 大阪府大阪市

 

 

鳴瀬

株式会社インターデザイン
◎東京オフィス
〒107-0062東京都港区南青山2-11-17 第一法規本社ビル3F
PHONE 03(6812)9363
◎大阪オフィス
〒541-0054大阪市中央区南本町2-2-2 明治屋南本町ビル
PHONE 06(6271)5566・FAX 06(6271)5577

カテゴリ:現場監理,現場より,デザイン監理,塗装

2023.9.13提案までして終わりじゃない

先週末は神戸で外リノの見学会を行いました。

現地での様子は見学会レポートを是非ご覧ください。

 

外リノのイベントをすると必ずといっていいほど聞かれるのが

「デザイン案はいくつ作ってもらえますか」というご質問。

 

解答としては「 1つのコンセプトを基にいくつかのデザインを提案しています。」

ですのでカラーリングの違いや、床をやり替えた場合と既存ままの場合のイメージの違い

などのイメージをわかりやすくご提案させていただいています。

初回の提案で納得がいかなかった場合にも再度ご要望をお聞きしながら

ご納得がいくまでご提案させていただいています。

 

1つのコンセプトを基にというのがポイント。

事前にご要望をお伺いしながら大まかな方向性のみは初回の提案までに決めさせていただくので

最初の打合せと180度方向性の異なるデザインが見たいとなると別途追加料金をいただく場合があります。

個別相談である程度の方向性は一緒に決めていきますが、ご夫婦や会社スタッフ同士で希望内容が全く違うなどの場合には注意が必要です。

 

またせっかく承認いただいて見積まで進んだのに思ったより工事の見積が思ったより高かった…というのも少なくないケースですが。

このような場合にはデザインのベースを残しながら意匠的な優先順位をつけて再度減額案のご提案もしています。

ここでの優先順位がとても大事です。単純に項目ごと無くしていってしまうとデザインのバランスが崩れていく一方ですので

素材を変えたり、あるいは類似品の中からグレードを下げたり物件毎に調整しています。

 

 

こちらの物件では見積書のチェックと同時にダイノックシート貼りと植栽工事を中止とした場合のバーチャル画像をご用意させていただきました。

減額の検討段階からオーナー様も施工会社様にも減額の内容が直感的にわかるので事前にイメージを共有することで単純なミスや実際できあがった時の嫌なギャップ

が極力ないようにしています。この段階では金額もわかるのであと〇〇万円でこの仕上がりになるけど予算的にどうしようかというオーナー様の検討材料にもなります。

 

中には金額を半分近くしたいとうご要望をいただくこともありますがその場合も優先順位をつけて

極力デザイン性を保つよう調整したデザインをご提案させていただいています。

 

無事工事契約までデザインを繰り返し、工事が始まればデザイン通りできているか日々のデザイン監理を経て

ようやく物件の完成です。

 

提案までして終わりじゃないのが外リノです。

 

藤本

株式会社インターデザイン

◎大阪オフィス
〒541-0054大阪市中央区南本町2-2-2 明治屋南本町ビル
PHONE 06(6271)5566・FAX 06(6271)5577

カテゴリ:日々のこと,ブログ,デザイン監理

2023.9.129月外リノ見学会 in 神戸
~撮影係のレポート~

9月9日(土)外リノ⺠泊『かゑる屋』完成⾒学会 in 神⼾ を開催しました。

ご参加いただいた皆様、ありがとうございました。

 

外リノ民泊『かゑる屋』の初お披露目となった今回の見学会では、

かゑる屋をはじめ、神戸エリアの外リノ事例4件をご覧いただきました。

 

今回のブログを見て、少しでも外リノ見学会が気になった方!

9月24日(日)外リノ見学会 in 東京 も開催予定ですので、

是非お気軽にご参加いただければと思います。

 

●外リノ民泊・かゑる屋を見学スタート●

まずはかゑる屋にてミニセミナーを実施。

この日の集合場所は3階の客室。かゑる屋の急な階段をのぼっていただきました…

今回は初めて外リノ見学会にご参加いただいた方も多く、

外リノの簡単なご説明と、この日見学する外リノ物件のご紹介をさせていただきました。

 

その後は、かゑる屋の外観・館内を自由に見学。

デザインの話題や、民泊開業の様々な申請関連の話題まで、

築60年の路地裏ビルがかゑる屋に生まれ変わるまでのお話についても

多くのご質問や感想をいただけ、大変うれしく思います。

 

見学会に来られなかった方々のために、かゑる屋を少しだけご紹介します↓

     

    

    

    

10月2日オープン予定ですが、今後も定期的に『かゑる屋見学会』を開催予定ですので、

皆様ぜひご参加ください。

 

 

●いよいよバスツアーがスタート!●

かゑる屋からバスに揺られること約20分、神戸市内の1つ目の外リノ物件へやってきました。

1件目:1974年竣工 2018年外リノ RC造 3階建て】 ギャラリーはこちら

真っ白な外壁がスタイリッシュで特徴的なこちらの物件。

外観だけでなく、階段ものぼってサインや照明など隅々までご覧いただきました。

外リノ前の写真もご覧いただきながら、デザインの工夫や使用している材料についても細かく説明します。

 

2件目:2017年外リノ RC造 8階建て】  ギャラリーはこちら

芦屋市に移動して訪れたのが、ホテルのような趣のあるこちらの物件。

外観とエントランスのみの見学となりましたが、この物件では

化粧モールが手の届く位置にあったため、より材料や建物の特徴を間近で感じていただけたと思います。

     

ちなみに、右(下)の写真が実際に使用されている化粧モール、実は、内部が発泡スチロールになっています。

他にも、間取りや各部屋の家賃など、費用対効果の部分についても多くご質問いただきました。

 

3件目:2020年竣工 外リノ新築 RC造 3階建て】 ギャラリーはこちら

お次は外リノ新築です。

ベージュやブラウンの建物が並ぶ住宅地に佇む、ブルーのアクセントが特徴的なこちらの外リノ新築。

ベランダの給湯器は既製品ですが、外壁の塗装に合わせて選定している点などもご好評をいただきました。

     

サインのデザイン・配管の塗り分けなど細かいところまで、それぞれじっくりご覧いただき、

写真もたくさん撮影してくださっていた印象です。

隅々まで自由に撮影できるのも、見学会ならではの楽しみではないでしょうか。

 

4件目:2020年竣工 外リノ新築 S造 4階建て】 ギャラリーはこちら

最後は、3件目と同じオーナー様が所有される、こちらの外リノ新築。

駅のほぼ目の前に位置するこちらの物件は、駅前の雑多な空間でもひときわ目を引きます。

こちらは給湯器の色を壁の塗装色に合わせて特注製作しています。

新築物件では、基本のプランを大幅に変更せず、細かい装飾部分などで工夫を加えることで

外リノのデザインのこだわりを演出している点をご理解いただけたかと思います。

 

●見学会を終えて●

いかがだったでしょうか。外リノ見学会では、

“あの素材はどこのメーカーのもの?” ”塗装色が知りたい” ”デザイン料や費用対効果は?” など

皆様のさまざまな疑問を、実際の物件を見ながら詳しくご説明できます。

また、わたしたち外リノにとっても、人気の材料やオーナー様の生の声を直接聞くことができ、

とても有意義な時間となりました。

 

●今後の外リノイベント開催予定●

さて、次回の見学会は東京にて開催します。

924日(日)家主さんのための外観リノベ見学会 in 東京

 

その他イベントを多数企画しておりますので、下記リンクよりチェックしてみてください!

申込を迷われている方も、こんなイベントをしてほしい!というご意見がある方も、

まずはお気軽にお問い合わせいただければと思います。

 

皆様とまたお会いできるのを楽しみにしております。

 

 

株式会社インターデザイン

塩田

◎大阪オフィス
〒541-0054大阪市中央区南本町2-2-2 明治屋南本町ビル
PHONE 06(6271)5566・FAX 06(6271)5577

カテゴリ:セミナー,日々のこと,ブログ,見学会,その他

2023.9.1名古屋に外リノ新築竣工

以前より何度かブログでもご紹介してきた名古屋の外リノ新築物件

途中プラン変更やVEによる仕様変更なども経て、この度無事完成しました。

 

デザイン提案としてマテリアルの選定や照明計画はもちろんですが

外リノ新築のデザイン監理って他にどんなことをしてくれるの?と思われる方もいると思うので

今日はこの物件で工事中、最後に指摘してお願いした是正箇所を2カ所ご紹介。

 

1つ目はこの火災報知器の総合盤。

竣工前検査の時は既製品の白色だった為悪目立ちしていたので

プレートの塗装をお願いしました。

比べてみるとその差は一目瞭然。

 

 

ミラー越しにも写ってしまうので既製品のままでは残念な仕上がりになってしまうところでしたが

塗装していただいたことで違和感の少ない仕上がりになっています。

 

 

2つ目は遠くからや見上げのアングルで少し見えて目立ってしまっていた

バルコニー面のエアコン化粧カバーも外壁と同じ色で塗装していただいてこの通り。

 

 

このように2つは一例ですが、オーナー様が気付かなかったり

指摘しずらいようなポイントも外リノがデザイン監理をするときには

気になるところはどんどん指摘しています。

細かな事もお願いするので施工会社様からは煙たがられることも少なくありませんが、

こちらの現場は設計・施工会社様も協力的で要望にも応えていただけたので

より完成度の高い物件になったのではないでしょうか。

引き渡し後に連絡した際も「いいものができました。ありがとうございました」と最後まで気持ちの良い施工会社様でした。

 

オーナー様にも 「2棟目の際は是非またお願いします」と言っていただけて

また1つ無事物件を終えた達成感を感じました。

 

肝心なデザイン部分は早速スタッフがギャラリーも更新してくれているので是非ご覧ください。

MARUNOUCHI THRILLING

 

 

 

 

最後に直近のイベント情報です。

「外リノ」のこだわりが詰まった民泊がいよいよオープンします。

自社物件だからこそ、試行錯誤を繰り返しデザイン性を取り入れつつ ローコストを目標に進めたプロジェクト

 

来週末には一足先に完成見学会を行います。他にも外リノ・外リノ新築をいくつか見学予定です。

この機会に外リノのこだわりを是非体感してください。

 

残席僅かです。

(9/9)外リノ民泊『かゑる屋』完成見学会 in 神戸

藤本

株式会社インターデザイン

◎大阪オフィス
〒541-0054大阪市中央区南本町2-2-2 明治屋南本町ビル
PHONE 06(6271)5566・FAX 06(6271)5577

カテゴリ:デザイン,作業,新着情報・トピックス,ブログ,現場監理,竣工検査,デザイン監理,フロムオフィス

2023.8.28かゑる屋とは?【10月開業】

神戸元町・かゑる屋のストーリー

神戸元町界隈は南京町や旧居留地を中心に大勢の人で今日もにぎわいます。1868年、明治元年に国際港として開かれた神戸港開港に合わせ、旧居留地が整備され、同年南京町も生まれました。この1968年に、アメリカでは南北戦争が終結して初めての大統領選挙が行われ、ドイツではワーグナーのマイスタージンガーが初演されています。当時関西の台所として栄えた南京町は1945年の神戸大空襲で焼け野原となり、一時期は衰退していたもののやがて商店主たちの努力により今日の姿を取り戻すこととなります。かゑる屋の前身になる旧中西邸もそんな神戸復興時代に建てられた築60年の建築で、当時としては珍しい鉄骨住宅となっています。震災にも負けず長らく神戸を見続けてきた建物には強い運気を感じます。広く海外では運気や幸福のシンボルとしてカエルが親しまれ、神の使いともされています。日本では福帰るやお金が帰る。そして何より無事帰る縁起モノとされ、旅行者にはうってつけの幸運のキャラクター、そのカエルを屋号としたかゑる屋は60年の間、西洋と東洋の異国文化に寄り添ってきた日本家屋の情緒を感じる宿。静かで便利、こじんまりと落ち着いた日本的空間の隠れ家。南京町やグルメの元町北通り、活気ある神戸元町商店街、高架下商店街、そして神戸ポートタワーへと続くタワー・ロードなど、1~5分ですべてにアクセスできるかゑる屋は豊かな神戸の思い出づくりをサポートします。

元町ロジウラ再生プロジェクト

2023年2月より始動した外リノの新プロジェクト。

築60年のロジウラ物件を外リノ自らが購入・リノベ・リーシング~運営までを行います。

10月からいよいよ民泊『かゑる屋』として生まれ変わる路地ビル。

完成までの様子は、下記ブログにてご紹介しています。ぜひご覧ください。

 

プロローグ 第1回 第2回 第3回 第4回 第5回 第6回 第7回 第8回 第9回

番外編

株式会社インターデザイン

◎東京オフィス
〒107-0062東京都港区南青山2-11-17 第一法規本社ビル3F
PHONE 03(6812)9363
◎大阪オフィス
〒541-0054大阪市中央区南本町2-2-2 明治屋南本町ビル
PHONE 06(6271)5566・FAX 06(6271)5577

カテゴリ:インターデザイン,かゑる屋,新着情報・トピックス,ブログ,その他

2023.8.24箱根湯本・コンドミニアム

外リノでデザインをさせていただいた箱根湯本のコンドミニアムが、

いよいよ8月からオープンしました。

 

公式ホームページは下記リンクから。

https://lux-hakone.com/

こんな素敵なサイトが早々にできているなんて、、元町民泊も急がないと。

 

箱根湯本に位置する、一日2組限定のラグジュアリーヴィラ。

客室の中やキッチンはこんな雰囲気。

ちょうど今、元町民泊の備品を揃えているところなので、運営の面からもとても参考になります。

 

 

ちなみに、私は今回施設の看板のデザインに少しだけ携わらせていただきました。

外リノに加わってからでは、自身がデザインに関わったものが実際に形になるのは今回が初めてでした。

箱根の地形や施設のイメージをもとに考えたロゴ、ホームページ内でも使用いただいています。

箱根湯本の宿泊施設では意外と少ないプライベートプール。

豊かな自然に囲まれ、とてもゆるやかな時間を過ごせそうです。

 

さて、宿泊施設といえば、元町民泊も最終段階に入ってきています。

工事も終盤に差し掛かり、来週には家具や備品の搬入をする予定。

オープン間近の元町民泊『かゑる屋』の様子も次回ブログでご紹介いたします!

 

株式会社インターデザイン

塩田

◎東京オフィス
〒107-0062東京都港区南青山2-11-17 第一法規本社ビル3F
PHONE 03(6812)9363
◎大阪オフィス
〒541-0054大阪市中央区南本町2-2-2 明治屋南本町ビル
PHONE 06(6271)5566・FAX 06(6271)5577

カテゴリ:日々のこと,ブログ