BLOGスタッフブログ

2022.10.26直接見て、触れて。

肌寒い日が続いていますが、皆様お変わりなくお過ごしでしょうか。

私は先日、物件に使用する素材を集めに、先輩スタッフに同行しショールームを見学しました。

 

以前、自宅をリフォームして以来、プライベートでもタイル等のショールームを訪れることはありました。

ただ、目的なくふらっと立ち寄るよりも、使用する目的や条件が明確な状態で行くと

それぞれの素材の特徴や魅力がより感じられてワクワクするなと感じています。

また、実際に大きなサイズやより近い距離で素材を見てみると、

カタログや写真を見ているだけでは分からない雰囲気や異なる印象があり、驚きの連続です。

 

↓こちらも、同じ石材であっても表面の磨き方や加工によって見え方が大きく異なるんですね。

(左:ナチュラルバーナー仕上  右:本磨仕上 )

 

(左:内床用 右:外床用)

 

やはり、実際に見て考えていくことが欠かせない…ということを日々学んでいます。

多くの素材の中から、弊社スタッフが直接見て、触れて、丁寧に選定していきます。

 

様々なコンセプトや工夫がつまった弊社のデザイン事例は、外リノHPやSNSにて随時ご紹介しています。

(↓↓↓ 以下のリンクから ↓↓↓)

ギャラリー

Instagram

 

是非、チェックしてみてください!

 

塩田

 

株式会社インターデザイン
◎大阪オフィス
〒541-0054大阪市中央区南本町2-2-2 明治屋南本町ビル
PHONE 06(6271)5566・FAX 06(6271)5577

カテゴリ:日々のこと,想うこと,個人的に

2022.10.25芸術の”秋”

蓼科での社員旅行の途中、八ヶ岳美術館に足を運びました。

 

大自然の中にひっそりと佇む姿、何とも言えない空気感を感じます。

こちらの美術館、上から見ると小さなドーム型の部屋がいくつも連なってできています。

建築家・村野藤吾の設計で山脈や連峰を想像させるデザインとなっており、

曲線を多く使ったユニークな外観に仕上がっています。

こういったなかなか出会えない面白いデザインには心がワクワクしますね。

 

 

美術館の中には彫刻家・清水多喜示の作品がずらりと並びます。

 

館内上部にはドームに沿ってレースの布が貼られており、

ドレープが温かく柔らかい雰囲気を作り出しています。

綺麗でつい見とれてしまいました。

 

 

また美術館の外では中学生たちの作品も展示されていました。

独創的な作品も多く、若いながらにセンスを感じ尊敬のまなざしで鑑賞。

どこを指さしているのでしょうか。気になりますね。

想像を搔き立てられます。

紅葉とも相まって、まさに『芸術の”秋”』。

 

 

おまけですが、

帰りの道中で鹿の親子を発見。

他にもキツネやタヌキもいたりと、野生の動物と出会えるのも自然ならではの魅力。

癒されます。

 

 

 

紅葉の時期、自然と芸術を感じに蓼科へ足を運んでみてはどうでしょう?

 

 

鳴瀬

 

株式会社インターデザイン
◎大阪オフィス
〒541-0054大阪市中央区南本町2-2-2 明治屋南本町ビル
PHONE 06(6271)5566・FAX 06(6271)5577

カテゴリ:日々のこと,想うこと,個人的に

2022.10.25蓼科社員旅行記(風景)

先週末は蓼科へ社員旅行へ。

 

私は3年前の夏に同じく会社の保養所へ行く機会がありましたが

他のメンバーは初蓼科です。

 

先月には新メンバーも加わったインターデザイン。

車での旅路に寝食を共にするのは貴重な体験です。

 

仕事の話もほどほどにプライベートの話でも盛り上がり、蓼科の自然に癒される日々。

 

 

 

3年前の夏、美しい深緑の御射鹿池

 

 

今回撮影した御射鹿池

標高の高い蓼科ではもう樹々も紅葉し、赤や黄色に色付き始めています。

 

四季の中で秋が一番好きな私。

美しい景色にカメラも離せません。

四季や時間帯によっても表情を変える自然の魅力に

改めて気づかされた3日間でした。

 

 

 

 

2022年も残すところあと2か月ほど

 

来春の新生活時期に向けたエントランス改修を検討中の方は

デザインや工種によりますがそろそろギリギリぐらいのタイミングです。

 

心身共にリフレッシュしたところで年末年始に向け外リノ再スタートです。

 

藤本

株式会社インターデザイン
◎東京オフィス
〒107-0062東京都港区南青山4-10-12 VICOLO南青山
PHONE 03(6434)9987・FAX 03(6434)9986
◎大阪オフィス
〒541-0054大阪市中央区南本町2-2-2 明治屋南本町ビル
PHONE 06(6271)5566・FAX 06(6271)5577

カテゴリ:日々のこと,ブログ,個人的に,その他

2022.10.20京都市 外リノ新築竣工!

京都市にて、外リノ新築のご依頼をいただきました物件、

今月竣工を迎え、早速撮影に行ってまいりました。

通りから見えるように、外壁のサインは最上階の窓の高さに。

交差点からよく見えます。

外に向かって伸びる廊下の端は開放感のあるガラス張りとしました。

メールボックスには目隠しの役割も持たせています。

ボルト浮かし取付の切り文字サイン。

夜になるといっそうその効果を感じられます。

一階の廊下は間接照明で奥行きあるデザインに。

床タイルと壁の朱と墨のコントラストがアブノーマルな雰囲気を創り出しています。

踊り場には帯をモチーフとしたサインを。

窓から光の差す日中はさわやかに、スポットライトに照らされる夜は重厚な雰囲気へと表情を変えます。

今回は室内のデザインも監修。

クロスやフロア、備品類の選定などを行いました。

打放のコンクリートに似合うシャープでエッジの効いたものを選定。

空間に溶け込みながらも適度な存在感を誇示してくれます。

照明のスイッチも選定。ミニマルなデザインでクロスとの相性もばっちりです。

 

ギャラリーにもUPしています。

是非ご覧ください!

 

☞ギャラリー『西郊の朱い箱』☜

 

西田

株式会社インターデザイン
◎大阪オフィス
〒541-0054大阪市中央区南本町2-2-2 明治屋南本町ビル
PHONE 06(6271)5566・FAX 06(6271)5577

カテゴリ:サイン,デザイン,現場より,ブログ,照明,パーツ,竣工検査,塗装

2022.10.19新たな相棒を探しに

皆様、こんにちわ。

 

最近大阪に引っ越してきたので、新居に置く新たな相棒(家具)を探しに行って来ました。

 

場所は大阪市東成区、中央線の深江橋駅近くにあるお店、 ”WANT ANTIQUE LIFE STORE” さんです。

 

この景色はワクワクしますね。

アメリカから買い付けてきたという商品がずらりと並びます。

その日も大きなトラックからたくさんの家具や雑貨が運ばれていました。

 

テーブルにチェア、ランプも然り、食器、人形、絵画やラグまで幅広く取り扱っています。

 

勝手ですが、その中で個人的にgoodだった商品を紹介します。

まずこちらは、3段のスタンドライトです。

それぞれの首が360度動きます。

照らしたいところに光を届けられる、かゆいところに手が届く商品です。

色もシックで、落ち着いた色気のある部屋に合いそうです。

 

こちらはハラコのダイニングチェアです。

座るのがもったいないくらい毛並みが美しい。

(毛が抜けるのが心配で観賞用になりそうですが。。)

シンプルなボディに高級感あふれる装飾、是非部屋に置いてみたい一品。

 

 

数ある商品の中から一番気になったのはこちらです。

時計にネオン!? と変わったものに惹かれ心打ちぬかれました。

普通に生活しているとなかなか出会わない品物。

珍しさのあまり吟味しましたが、部屋との相性を考え今回は断念。。

 

 

今回の収穫は無しでしたが、久しぶりにインテリアに触れることができて、心が満たされた一日でした。

皆さんも休日にどうでしょう?

 

次回こそは相棒を!

 

 

鳴瀬

 

株式会社インターデザイン
◎大阪オフィス
〒541-0054大阪市中央区南本町2-2-2 明治屋南本町ビル
PHONE 06(6271)5566・FAX 06(6271)5577

カテゴリ:サイン,日々のこと,デザイン,照明,想うこと

2022.10.18研修に伴う臨時休業のお知らせ

平素は格別のお引き立てを賜り、誠にありがとうございます。 さて誠に勝手ではございますが、社員研修に伴い下記日程を臨時休業とさせていただきます。   休業日 :2022年10月21日(金) 営業開始日 : 2022年10月24日(月)   尚、休業期間中は電話受付も全て休止致します。 休業期間中に頂きましたメールやHPからのお問合せへのご返答は、10月24日(月)以降に、順次行ってまいります。 ご返答までに少しお時間をいただく場合がございますことを予めご了承下さい。 お取引先様にはご迷惑をお掛け致しますが、何卒ご理解を賜りますよう宜しくお願い申し上げます。

カテゴリ:ブログ

2022.10.4夜の静けさに映る大阪の街並み

随分と涼しくなり、夜も一層と秋の雰囲気が感じられますね。

 

初めまして。この度インターデザインに新しく加わりました鳴瀬です。

大阪に移ってきたので、大阪の夜街を散策したとき際のお話をさせていただきます。

 

ご存じかと思いますが大阪を代表する建造物、大阪城です。

お堀の外からの写真ですが、改めて見てみると圧巻です。

白と緑のコントラスト、水面に揺らぐ反射した光、綺麗ですね。

 

 

こちらは”天満橋”を歩いた時の写真です。

明治・大正から時が止まったようなレトロな街灯がずらりと並んでいます。

橙色の明かりは歩く人たちを照らすというより、デザインの一部として輝いているように感じますね。

 

こちらは大阪城のお堀にある”京橋”という橋です。

写真の街頭も球体の電球がついており、上下で配置が異なっているのも良いですね。

また、長い年月をかけて街灯に巻きついたツルも相まって趣深いです。

 

その隣には”大坂橋”があり、こちらもまた植物に覆われています。

こちらの橋は他の橋と比べて、縦断勾配が大きく実際に歩いてみると急勾配でちょっとしたアトラクションのようでした。

また、旧字の”大坂”がこの橋に使われているのも時代を感じます。

 

 

はあ、良い眺めです。

美しい夜景につい溜息が出てしまいますね。

中之島付近を通る川沿いには、レトロで時代を感じる橋がたくさんあります。

アーチ橋や斜張橋、コンクリート橋、、、

よく見るとその周りにも付随してデザインが隠されていたりします。

(ライオンの親柱もどこかにありましたね。ぜひ探してみてください。)

 

都心から近いにもかかわらず、こういった時代の差を感じられるのも大阪の魅力ではないでしょうか。

冒頭より、涼しくなるこれからの季節に、ふらっと散歩してみるのもありかもしれませんね。

 

 

 

 

 

鳴瀬

 

株式会社インターデザイン
◎大阪オフィス
〒541-0054大阪市中央区南本町2-2-2 明治屋南本町ビル
PHONE 06(6271)5566・FAX 06(6271)5577

カテゴリ:日々のこと,デザイン,照明,個人的に

2022.10.3秋が近づいてくると

 

はじめまして。

インターデザインのメンバーに新しく加わってから初めての投稿です。

 

私は普段から美術館によく行くのですが、展示されている作品はもちろん、

美術館の建物自体を観察するのがとても面白いと感じています。

そこで今回は「京都市京セラ美術館」の魅力をお伝えできたらと思います。

 

京都市左京区に位置する京セラ美術館(旧京都市美術館)は、1933年に創建した公立美術館で、

2020年春に大規模リニューアル・オープンしました。洋風の和洋折衷の豪華なデザインの外観が特徴的です。

 

メインエントランスを抜けると現れるのが中央ホール。

均等に並んだ照明や窓からの光をよく写し出す、白を基調としたシンプルなデザインは、

広々として開放感のある空間を演出しているように感じます。

 

館内の所々には、大理石の壁や天井に広がる色鮮やかなステンドグラス等、

昭和初期の雰囲気を残したデザインもあります。古きよきものは残すという工夫、とても素敵でした。

 

私は毎年、紅葉シーズンになると必ず京都市内を散策するのですが、

この時期の京セラ美術館周辺エリアの景色は特に美しくおすすめです。

美術館本館を纏う煉瓦の淡いベージュ色と、目の前に建つ平安神宮の鳥居の朱色、

開放感のある秋空の青色の組み合わせが印象的でお気に入りのアングルです。

 

この日は夜になって暗くなると、美術館本館は鳥居と紅葉の色に合わせて赤くライトアップされていました。

昼間とはまた違った静けさがあり、なんともいえない神聖な雰囲気を醸し出しているように感じます。

 

紅葉シーズンが待ち遠しい…

ぜひ、秋の京都散策の際には京セラ美術館へ足を運んでみてください!

 

塩田

 

株式会社インターデザイン
◎大阪オフィス
〒541-0054大阪市中央区南本町2-2-2 明治屋南本町ビル
PHONE 06(6271)5566・FAX 06(6271)5577

カテゴリ:日々のこと,ブログ,個人的に