BLOGスタッフブログ

2023.2.28ショールームにて

外リノでデザイン検討中の宿泊施設。

そちらで使用を試みているペンダントライトの実物を見にショールームへ。

場所は会社から徒歩すぐの遠藤照明様。

 

 

 

私も始めて訪れましたが、ずらりと照明が並んでいます。

 

 

今回はオーナー様が物件で使用する材料の確認のため遠くから来てくださるため、

せっかくならと思い、合わせて照明の実物もご案内させていただきました。

 

 

今回ご提案した照明はこちら。

半円のブラックで、内側はもともと暖色の色味がついている照明。

ラウンジでゆったりくつろぐスペースに馴染むデザイン。

 

 

オーナー様も吟味されています。。

 

最終的にはオーナー様と相談し、他のペンダントライトに決まりました。

実物をご確認いただくことも時に重要だと感じました。

 

 

本別件は他にも、ブラケットライトを多く使用します。

当初は費用を抑えるため、Amazonや楽天市場等の手軽に購入できるサイトにて選定していましたが、

こちらも最終的にメーカー様のブラケットライトに変更する形となりました。

 

※最終決定した照明⇓⇓⇓

 

写真左:ペンダントライト

写真右:ブラケットライト(中央のブラック)

 

 

やはり使用箇所が多くなると、個数確保とメンテナンス面での対応が大変となります。

メーカー、手軽に購入できるサイト、、、

それぞれの良さがあるため、このような場面でも弊社にご相談いただけると対応させていただきます。

 

 

 

今回私は初めての照明メーカーショールーム。

やはり意匠照明は見ていて心が躍ります。

 

いつか自分の家にも。。。

 

 

鳴瀬

株式会社インターデザイン
◎東京オフィス
〒107-0062東京都港区南青山2-11-17 第一法規本社ビル3F
PHONE 03(6812)9363
◎大阪オフィス
〒541-0054大阪市中央区南本町2-2-2 明治屋南本町ビル
PHONE 06(6271)5566・FAX 06(6271)5577

 

カテゴリ:デザイン,ブログ,照明,想うこと

2023.2.24ロジウラの階段

インターデザイン塩田です。

あっという間に2月も中を過ぎ、少しずつですが春の気配がしてきました。

 

さて、1月から始まった『元町ロジウラ再生プロジェクト』の様子はご覧いただけていますでしょうか。

まだ見れていない!という方は下記リンクから、是非ご覧ください。

【スタッフブログにて】

プロローグ

第1回 ロジウラ会議

第2回 ロジウラ調査

第3回 ロジウラのデザインは?

 

【Instagram】

ブログだけでは伝わりきらない、現場や作業の様子を臨場感あふれる動画でご紹介しています。

 

 

私は2月に入ってから、ロジウラの建物に使用する内装の材料を決めたり、

リーシングに向けて周辺の店舗をリサーチしたり、SNSで広報をしたり。

神戸や元町という街には全く詳しくなかったのですが、徐々に愛着が湧いてきました。

 

 

ちなみに、内装に使用する予定の材料を少しだけ公開…。

ブログのトップ画像でもわかるように、建物の扉を開けると、まずこの急な階段が目に飛び込んできます。

この階段を個性としてうまく生かせるように、また、”元町の築古物件”という味のある特徴を考えて、

なるべく現代的で煌びやかすぎるものは避けたりと、材料選びだけでも学ぶことがたくさんありました。

 

また、リーシングに向けた周辺情報のリサーチをしていると、

和洋華・新旧が入り混じったお店、街並みの個性がうかがえて、

外リノのロジウラビルにはどんなテナントが入るのか、ますます楽しみになりました。

↓リーシング用のスケッチ

 

今後も、SNSやブログなどを通して、

新しい姿と用途を得るロジウラビルの動向を続々と公開していきます!

 

 

 

塩田

 

株式会社インターデザイン
◎東京オフィス
〒107-0062東京都港区南青山2-11-17 第一法規本社ビル3F
PHONE 03(6812)9363
◎大阪オフィス
〒541-0054大阪市中央区南本町2-2-2 明治屋南本町ビル
PHONE 06(6271)5566・FAX 06(6271)5577

カテゴリ:かゑる屋,デザイン,日々のこと,ブログ,フロムオフィス,その他

2023.2.22大阪外リノ見学会!”撮影係のレポート”

2月19日(日)、外リノ見学会、無事に終了いたしました。

 

ご参加いただきましたオーナーの皆様、ありがとうございました。

 

今回は大阪のなかもず周辺の3物件をご紹介。

 

上記3物件は、オーナー様は違えど同じ管理会社様の物件。

ですが、デザインはまさに三者三様で面白い。

 

その見学会を含め、セミナーも行いましたのでその様子をお伝えしたいと思います!

 

 

当日は午後からのスタートで、初めの1時間は弊社社長による外リノの極意についてセミナー。

皆様食い気味で聞いてくださってます。

 

『外観リノベがお金を生む』・『不動産にデザインは不可欠』

主にこの2つについて説明に加え、過去の弊社デザイン事例とともにノウハウを伝授。

 

デザイン料、工事費、賃料の前後比、空室率についても物件ごとに説明していきます。

 

 

いちオーナー様からは、

銀行の融資を受ける際に、インターデザインのデザイン資料を持っていくと

すんなり通してくれる、と仰っていました。

弊社のデザイン資料は賃貸募集にもご活用いただけるため、過去に活用し、

すぐに空室が埋まったとの声もお聞きしています。

そういった点でもデザインは必要不可欠ですね。

 

 

セミナー終了後、見学会に移動します。

 

 

【1件目 1995年竣工 2020年外リノ RC造 4階建】

 

建物上部のサインは、遠くからでも本物件を認識させてくれます。

 

ゴミ庫のサインも”可愛い”と評判でした。

エントランス入ってすぐのロートアルミで作成したサイン。

このようなサインも含め、今回のデザイン料、各箇所にかかった費用もご説明していますので、

各オーナー様も費用面での感触をご理解いただけていました。

 

 

 

【2件目 1987年竣工 2020年外リノ S造 3階建】

 

グリーンの差し色が目を引きます。

 

気になった点については各スタッフより説明していきます。

ここでは新設したポストの側面が、デザイン上外観と合わないため、

ブラックのダイノックシートを貼っています。

 

やはりトータルでのプロポーションがデザインに大きくかかわってきます。

 

 

駐輪場の木タイルも綺麗です。

“BIKE”のサインは自転車を止めるときの位置付けでもありますが、

なんといってもかわいらしいですよね。

 

 

 

【3件目 1997年竣工 2020年外リノ RC造 7階建】

 

線路沿いにある物件。

線路の反対側からでも一際目を引く大きなサイン。

大きいサインは派手でいやらしく見えがちですが、柔らかいブルーの色味が

ホワイトの外観と絶妙にマッチしています。

 

この日は昼間ですが、夜になるとゲートの内照式照明と丸看板が光り、また違った表情を見せてくれます。

 

 

 

見学会ではパネルを用いて、外リノ前のビフォーと照らし合わせながら説明していきます。

どれだけ変わるのか、とオーナー様達も興味津々です。

 

 

簡単ではありますが、全3物件の大阪外リノ見学会はいかがだったでしょうか。

 

私も含め、実際にオーナー様の生の声が聞けると嬉しいものです。

 

外リノ見学会は、実際に物件を見ながら、デザインや素材、工期や費用などの質問を

弊社スタッフがその場でお答えできる場でもあります。

 

 

 

次回の見学会は未定ですが、

以下日程でセミナーを開催予定です!

2月25日(土) 大阪

3月4日(土) 滋賀

3月25日(土) 大阪

 

 

集客において外観リノベは内装と比べ、はるかにコスパが良いです。

集客に伸び悩んでいる、賃料を上げたい、費用も抑えたい、

そういった検討中の方、ぜひインターデザインにご連絡ください。

 

⇓⇓お問い合わせはこちらより!

お問合せ

 

鳴瀬

株式会社インターデザイン
◎東京オフィス
〒107-0062東京都港区南青山2-11-17 第一法規本社ビル3F
PHONE 03(6812)9363
◎大阪オフィス
〒541-0054大阪市中央区南本町2-2-2 明治屋南本町ビル
PHONE 06(6271)5566・FAX 06(6271)5577

カテゴリ:サイン,セミナー,照明,見学会,お客様の声,塗装,ゴミ置き場,イベント

2023.2.21第3回 ロジウラのデザインは?【元町ロジウラ再生プロジェクト】

ロジウラ再生プロジェクトも早いことに第3回目となりました。

図面やスケッチを作成したり、建物に使用する材料を選定したり、

リーシングに向けた会議をしたりと、コスパ・見映えの良いリノベのためにスタッフ一同奮闘中です。

 

 

さて、今回はデザインのお話。

『第3回 ロジウラのデザインは?』

建築デザインは、街並みとの共存。今回は路地裏の景観をデザインします。

 

一方で、”路地裏”という場所は、表通りからの誘導と見映えが重要。

集客できる店が2、3軒となってその路地裏が活気づきます。

では、どんな誘導、どんなデザインにする?

 

元町は異文化の街。和でもあり、洋でもあり、華でもある。

そんなことも考えながら、表現するとこんな感じに。

 

リーシング用のスケッチは、コンピューターではなく手書きにこだわります。

こんなにも印象が違う、手と機械の画。並べて見ると、その差は一目瞭然です。

 

色付けをするとさらにイメージが鮮やかになります。

作成した図面やスケッチをもって、早速リーシングのための打合せをしています。

どんな建物になるのか…ますます楽しみですね。今後の活動もお楽しみに!

 

【過去のブログはこちら】

プロローグ 第1回 第2回

 

株式会社インターデザイン
◎東京オフィス
〒107-0062東京都港区南青山2-11-17 第一法規本社ビル3F
PHONE 03(6812)9363
◎大阪オフィス
〒541-0054大阪市中央区南本町2-2-2 明治屋南本町ビル
PHONE 06(6271)5566・FAX 06(6271)5577

カテゴリ:かゑる屋,日々のこと,デザイン,作業,ブログ,現場より,フロムオフィス,その他

2023.2.19成長してる?

休日の今日は不動産オーナーさんたち、

全国大家の会『ドリーム家主倶楽部』さんと外リノ竣工物件の見学会。

あいにくの天気だけど、さすがにこのレベルの家主さんたちは天の具合など気にも留めず

建物の全体から細部に至るまで、興味津々熱心に観察をしている。

普段の見学会と多少様子が異なり、なんでも見てやろう、聞いてやろうという

ポジティブで好意的なスタンスに、物件を扱い馴れている“ゆとり”を感じた。

皆さんまだお若そうなんだけど…。

翻って僕たちの今回の目的は、

さまざまな物件を扱ってきた手練れの家主さんたちに、

建築をきちんとデザインしてみるという単純な楽しみを知ってもらうこと。

様子をみるに、目的は達成できたのかな。

自主的にデザインを説明しているスタッフたちにもすこし成長ぶりを感じたような。

こういう機会に成長度合いが見え隠れするからなぁ。

あらため『ドリーム家主倶楽部』代表、加藤さんありがとうございました。

 

 

それにしても今回はじめて見る物件だけど…ウチのデザインってイケてるなぁ…。

 

 

小寺

 

カテゴリ:見学会,ブログ,イベント

2023.2.18大阪築古マンション再生

谷町4丁目で間もなく引き渡しを行う物件の検査へ。

 

外観をはじめ、廊下や階段の工事が終わり、残るは照明の調整のみ。

効果的な位置に光を落とせるよう微妙な調整をしています。

 

階段室に取付けたブラケットライトも空間を印象的に照らしています。

リノベーション前は蛍光灯の空間でしたが、電球色の温かい光にすることで、

明るさにメリハリが生まれ、深みのある空間になりました。

リノベーションの全貌が見えるビフォーアフターは後日ブログとギャラリーにて更新いたします。

 

今回のリノベーションは、オーナー様が建物にどのように客付するのかという視点で、学ぶ事の多い物件になりました。

工事費が高騰している昨今、限られた予算で何にお金を掛けるのかの判断は人それぞれですが、

オーナー様が求めることをより深く理解し、少しでもプラスの提案ができるように心がけます。

 

駒居

株式会社インターデザイン
◎東京オフィス
〒107-0062東京都港区南青山2-11-17 第一法規本社ビル3F
PHONE 03(6812)9363
◎大阪オフィス
〒541-0054大阪市中央区南本町2-2-2 明治屋南本町ビル
PHONE 06(6271)5566・FAX 06(6271)5577

カテゴリ:デザイン,ブログ,現場監理,照明

2023.2.17テナントビルも外リノ

本日は現在工事中の外リノ物件の様子をご紹介。

 

浅草駅に程近い、とあるテナントビルのエントランスホール。

元々は築年相応のレトロさ感じるよくある一般的なテナントビルでした。

 

ホールとは名ばかりの無機質で寒々しい印象だったエントランス。

 

 

 

最新の工事状況写真がこちら

 

 

 

天井をやり替え、折り上げ天井を新設。

良く目立つ正面の壁面には空間を広くみせる効果もあるブラックミラーで演出。

 

築古の建物の多くは当時導入されている照明器具も大きいので、天井に余裕がありがち。

天井やり替えの際には天井の懐を生かしてこのような折り上げ天井の

造作を設ける事は難しくありません。

 

照明も白色から径の小さなグレアレスダウンライトの電球色へ変更。

 

このように照明は大きさや器具の種類により年代を感じやすいポイントですのでここを変えるだけで随分と印象が変わります。

 

壁面は既存の壁も一部残しながら多くを重厚な框組の意匠にリノベーション。

 

 

 

既存のままの壁面や床もなんだか綺麗になったかのように感じます。

 

 

廊下奥のメールコーナーも高級感のある仕上がりに。

 

まだ工事途中ですがこの仕上がり・・・

 

意匠照明や手摺やサインなど、まだまだ完成度は上がる予定

 

テナントの従業員さんやお客様にも喜んでいただけているのではないでしょうか

 

 

工事完成までもう少し外リノのデザイン監理が続きます。

 

完成をお楽しみに

 

藤本

株式会社インターデザイン
◎東京オフィス
〒107-0062東京都港区南青山2-11-17 第一法規本社ビル3F
PHONE 03(6812)9363
◎大阪オフィス
〒541-0054大阪市中央区南本町2-2-2 明治屋南本町ビル
PHONE 06(6271)5566・FAX 06(6271)5577

カテゴリ:日々のこと,デザイン,現場より,ブログ,現場監理,照明,パーツ,デザイン監理

2023.2.16鬼門小田原

横浜に持つ現場の定例会議出席後、東京経由での帰路、

東海道新幹線が…停まってる…。
構内が人であふれだす。
何やら小田原駅あたりでトラブルとか…。
雪でもないのになんでだろ…。
改札で1時間、そして車中で1時間以上待機。
結局2時間30分以上のまちぼうけ。
先週の箱根の雪といい、
なぜか小田原に絡まれる。
小寺
株式会社インターデザイン
◎東京オフィス
〒107-0062東京都港区南青山2-11-17 第一法規本社ビル3F
PHONE 03(6812)9363
◎大阪オフィス
〒541-0054大阪市中央区南本町2-2-2 明治屋南本町ビル
PHONE 06(6271)5566・FAX 06(6271)5577

カテゴリ:ブログ,現場より