BLOGスタッフブログ

2023.4.28やっぱり全然違いますね。

兵庫県 西宮のテナントビルの完了検査。

今回のリノベーションを期に移設した火災受信機の盤。

露出配管が既製品の色のブラウンとなっていました。

 

 

「ここの配管も壁面と同色で塗装おねがいします。」と依頼すると

 

「ブラウンですし、塗ってもあまり変わらないと思いますよ」と施工会社さん。

 

すこしめんどくさそうに、でも塗料の材料もあって職人さんもその場にいるので再度お願いすると

すぐその場で塗っていただけました。

 

 

塗装後がこちら。

 

 

 

目の前で塗装屋さんが塗るところを一緒に見ていた施工会社さんも

「やっぱり(塗ると)全然違いますね」と一言。

 

前回の中間検査では赤色グローブにある

出っ張りの白い箇所の塗装もお願いしておりました。

 ➡ 

 

かなり馴染んで気になりにくくなったのではないでしょうか。

 

このような少しの手間の積み重ねが完成度をより高めてくれます。

こちらの物件は連休明けに竣工撮影にいきます。

 

 

ギャラリーアップもお楽しみに!

 

 

藤本

株式会社インターデザイン
◎東京オフィス
〒107-0062東京都港区南青山2-11-17 第一法規本社ビル3F
PHONE 03(6812)9363
◎大阪オフィス
〒541-0054大阪市中央区南本町2-2-2 明治屋南本町ビル
PHONE 06(6271)5566・FAX 06(6271)5577

カテゴリ:デザイン,現場より,ブログ,竣工検査,デザイン監理,塗装,その他

2023.4.274月外リノ見学会 in 大阪
~撮影係のレポート~

422日(土)、今年2回目となる外リノ見学会を大阪にて開催しました。

ご参加いただいた皆様、ありがとうございました。

 

中崎町・天満エリアにて、竣工したばかりの最新外リノ物件や、

問い合わせ増加中の外リノ新築まで、バリエーション豊かな物件を巡りました。

そんなボリューム満点の外リノ見学会の様子をレポートします!

 

●まずはセミナーから●

当日は13時の集合。まずは近くの会場にて外リノスタッフによるミニセミナーを行いました。

この日訪れる4つの物件についての簡単なご紹介と、

オーナー様が元々抱えていたお悩みが、外リノのデザインによってどのように解消されたのか、

外リノを行う”4つのメリット”とは? をお話しさせていただきました。

 

●いよいよ見学会スタート!●

セミナー会場から徒歩約10分、最初の物件に到着しました。

1件目:1988年竣工 2022年外リノ RC造 10階建て】 ギャラリーはこちら

人通りの多い中崎町でもひときわ目を引くこちらの物件。

とあるオーナー様が、「今朝面白い建物を見たので思わず写真を撮った」と見せてくださった写真、

なんと偶然にもこの外リノ物件のものでした。見学会では外観だけでなく、共用部にも入っていきます。

どのような材料を使用しているのか、間取りや家賃などについて詳しく説明していきます。

持参した日塗工色の塗装サンプルと、建物の外観の塗装との比較をとおして、

塗装色選定時の外リノのこだわりについてもご理解いただけた様子で嬉しく思います。

 

2件目:2018年竣工 外リノ新築 RC造 8階建て】  ギャラリーはこちら

お次は竣工から約5年を経ても未だ満室経営を続ける、こちらの新築物件。

各サインに登場する”66″という数字の由来に興味をもっていただいたり、

ホールに使用したミラーについて狭い空間が広く見えるというお声をいただいたりと、

多くのご質問やご反応がありました。

また、この建物に隣接するカフェも大繫盛していましたが、中崎町エリアは個性的なお店や、

リノベ進行中の飲食店などが連なっており、物件間の移動中もお楽しみいただけたと思います。

 

3件目:2001年竣工 2023年外リノ RC造 7階建て】 ギャラリーはこちら

電車で約15分、天満エリアへ移動して訪れた3件目。

道を曲がるところからグリーンの丸看板が見えており、すぐに外リノ物件と気付いていただけました。

浮かし取付や吊り取付の切文字など、様々な手法のサインを多く盛り込んだこちらの物件。

各デザイン箇所にかかった費用や取付位置のポイントなど、たくさんご質問いただきました。

         

また、外観のペイントサインが近くのビルに映りこむ様子も実際に見学いただきました。

物件の周辺情報や、街への溶け込み方などを体感できる点も、見学会ならではの魅力ではないでしょうか。

 

4件目:2001年竣工 2023年外リノ RC造 7階建て】 ギャラリーはこちら

最後は、ヴィクトリア調のデザインが特徴的な物件へやってきました。

物件のbefore&afterをまとめたパネルをお見せしながら気になった部分を詳しくご説明。

工事費を含む各箇所のデザイン料についてのご質問は非常に多く、

外リノの費用対効果の高さを実感していただけたかと思います。

 

●見学会を終えて●

いかがだったでしょうか。外リノ見学会では、

“あの素材はどこのメーカーのもの?” ”塗装色が知りたい” ”デザイン料や費用対効果は?” など

皆様のさまざまな疑問を、実際の物件を見ながら詳しくご説明できます。

また、わたしたち外リノにとっても、人気の材料やオーナー様の生の声を直接聞くことができ、

とても有意義な時間となりました。

 

●今後の外リノイベント開催予定●

さて、次回の見学会は6月に東京にて開催します。

その他イベントを多数企画しておりますので、下記リンクよりチェックしてみてください!

申込を迷われている方も、こんなイベントをしてほしい!というご意見がある方も、

まずはお気軽にお問い合わせいただければと思います。

 

62日(金)19:00~ 外リノサロンセミナー in 東京

63日(土)13:00~ 外リノ見学会 in 東京

 

皆様とまたお会いできるのを楽しみにしております。

 

 

株式会社インターデザイン

塩田

◎東京オフィス
〒107-0062東京都港区南青山2-11-17 第一法規本社ビル3F
PHONE 03(6812)9363
◎大阪オフィス
〒541-0054大阪市中央区南本町2-2-2 明治屋南本町ビル
PHONE 06(6271)5566・FAX 06(6271)5577

カテゴリ:セミナー,日々のこと,ブログ,見学会,その他

2023.4.25ゴールデンウィーク休業のお知らせ

弊社のゴールデンウィーク休暇期間につきましてご案内申し上げます。
4月29日(土)~5月7日(日)まで上記の期間休業とさせていただきます。
ご不便をお掛けしますが、何卒ご了承の程お願い申し上げます。

※当ホームページ内でのお問い合わせにつきましては休業期間中も受付しております。

休業期間中のお問い合わせやセミナー・見学会申し込みなどについては、
5月8日(月)より順次ご対応させていただきます。

ご迷惑をお掛けいたしますが、何卒ご了承くださいますよう宜しくお願い申し上げます。

カテゴリ:新着情報・トピックス

2023.4.20ご自宅もリノベーション

昨年春よりご依頼いただいているリノベーション計画。

本物件はお客様のご自宅で、1階をメインに改築したいとのご依頼。

 

まだ工事未着手ですが、今回は現在までの作業の流れをご紹介!

 

①実測調査

ご自宅ということもあり、図面もないため内装の形状を確認するすべが。。。

ということで弊社スタッフが調査のため実測調査に向かいます!

 

 

玄関、リビング、ダイニング、寝室、洗面室、、、

大変ですが、デザインに落とし込むために肝心な作業。

隅々まで計測します。

 

 

 

②図面化

そして実測資料を基に弊社にて図面に落とし込みます。

 

【手書き】

【図面化】

【現状最新図面】

 

お客様とのご要望の擦り合わせもあり、

当初から内装の形状も変わりましたが、打合せも重ね大方煮詰まってきました。

細かい形状や納まりもわかるよう、展開図・家具図も作成。

 

④パース作成

形状が大まか決まり、図面も作成したので、CGに落とし込んでデザインを入れていきます。

 

こちらも途中段階ですが、少しだけ作成パースをお見せします。

モザイクを入れていますが、デザインを入れると、想像が形になりイメージがより沸いてきますね。

 

 

④材料選定

お客様のご要望とデザインパースに沿って、材料を選定していきます。

パネルに各使用箇所の材料を貼ると、実物の素材や色味を統合して確認できます。

お客様に確認いただく際もわかりやすいです。

 

上材料は主な使用箇所ですが、この他にもキッチンやトイレ、造作関係も仕様を決めていきます。

 

 

 

 

現状の弊社での作業としてはここまでですが、

まだもう少し詰めていく箇所はあります。

 

工事も先ですが、依頼して良かったと思ってもらえるよう、

残りも進めていきたいと思います!

 

 

鳴瀬

株式会社インターデザイン
◎東京オフィス
〒107-0062東京都港区南青山2-11-17 第一法規本社ビル3F
PHONE 03(6812)9363
◎大阪オフィス
〒541-0054大阪市中央区南本町2-2-2 明治屋南本町ビル
PHONE 06(6271)5566・FAX 06(6271)5577

カテゴリ:建物調査,デザイン,製作画像,材料チョイス,ブログ

2023.4.19デザインのみで監理はいらないんじゃないかなと考えていました

『外リノ』をご採用いただいたオーナー様からのご感想です。

*************************************

父の賃貸マンションの管理を引き継ぐことになり、最初に感じたのがエントランスの殺風景さでした。昼見ても夜見ても、殺風景で味気なく、非常に残念だったことを覚えています。またエントランスだけでなく、各階の共用部の薄暗さに気が滅入るほどでした。更に、建物としての問題だけでなく、さまざまな問題(賃料、入居者マナー、ごみ置き場、駐輪場など)を抱えていました。

このような問題点を個々に解決しようと取り組んでいたのですが、オシャレにリノベーションしたら大体の問題が良い方向に向かうのでは?とふと思い立ちました。
暇があったらインターネットでリノベーション画像を見ており、その中で目を引く画像が「外リノ」だったことから、個別相談をお願いしました。
個別相談では、不動産賃貸の素人の私にとって、とても有意義なお話を聞くことができました。「外リノ」をやりたいな、との思いを強くしました。

そうこうしているうちに、そのうち決まるかなーと楽観視していた空室が、3か月経っても内見が1件もない・・・という現実をみることになりました。
最近はスマホで部屋探しをする人が増えたようで、まずネット上で目に留まるようなマンションにしなければいけないと思ったこと、もともと大規模修繕の計画をしていたこと、どのようなことでも問題解決の糸口にしたかったこと、何より私自身が殺風景で暗いエントランスや共用部が嫌だったこともあり、お願いすることに決めました。

個別相談の時から担当してくださった藤本さんには、希望すること、思っていること、関係ないかも?と思うようなこと、とにかくお話を聞いていただきました。あと、好きな画像を何枚かお送りしました。言葉にするのは難しいですが、画像を見ていただくことで伝えやすかったと思います。
そして、出来上がったデザインはとても素敵でした。暗い共用部は、入居者さんが帰宅時にほっとするような、温かく雰囲気ある空間に。殺風景なエントランスは、落ち着いたカフェの雰囲気に。エントランスについては、プレゼンぎりぎりまで考えていただいていたようで、色違いの二案をご提示くださいました。これはどちらも素敵で、選択には悩みました。

工事見積もりについては、自分で選んだ業者さんとご紹介いただいた業者さんの2社お願いしました。最終的には自分で選んだ業者さんに工事依頼したのですが、見積内容のチェックや、予算のことを考えてデザインを損なわないように変更もしてくださいました。

工事が始まってからも、施工会社さんと的確にやり取りしてくださるため、こちらが細かくチェックしたりヤキモキする必要もありませんでした。
例えば塗り分けについて、奥行きや厚みがあるように見える塗分けを細かく指示していただいたり、照明の設置場所やサイン位置についても、こだわりを持って対応してくださいました。このような一つ一つのこだわりが積み重なって納得のいく仕上がりになるのだなと思いました。
最初は、デザインのみで監理はいらないんじゃないかなと考えていましたが、やはり自分では難しいと思います。

出来上がりについては、施工会社さんのご尽力もあり、本当にデザイン通りで大変感動しました。施工会社さんにもクオリティ高いです!とのご感想頂きました。一般的な大規模修繕をするだけでなく、思い切って外リノをしてよかったと思いました。
少し離れたところに建っているガラス張りのビルに、当マンションの外壁が映ります。その映る姿までも、プレゼン資料のイメージ画像上でビフォーアフターされていた(!)のですが、その点についてもイメージ画像通りに出来上がっており、びっくりしました!

完工後に、入居者様からお困りごとの相談があったのですが、それについてもアドバイスを頂くことができ解決できました。工事後のフォローもしていただけて有難かったです。

全体を通して、オーナー側の立場で、不利にならないようなアドバイスや指摘をいただけたり、施工会社さんにも指示していただいたりと、本当にありがたかったです。
もう少しこうしてもらいたいなぁと思うことをお伝えすると、すぐに修正してくださいましたし、質問にもすぐに答えていただけて、お仕事が丁寧かつ速いのでストレスを感じませんでした。

綺麗になり環境が変化することで、人の気持ちや物事の流れが変わるのでしょうか。気になっていた問題点についても、流石に一足飛びには無理ですが、今回の外リノの直接的・間接的な影響により、いい方向に向かっていると感じています。何より、現在満室稼働しており、とても嬉しいです。ありがとうございました。

 

*************************************

オーナー様がコメントくださったビルの映り込みがこちら

【BEFORE】  

【VIRTUAL】 

【AFTER】

 

 

 

【VIRTUAL】                 【AFTER】

現地調査した際に共用廊下から遠くのビルの壁面にこの物件が映っていたので

初回の提案の時から外壁のgを表現しておりました。

物件が周囲からどう見えるのか。物件の認知度を高めるのは入居促進の第一歩です。

 

 

オーナーK様 素敵なコメントありがとうございました。

今後ともよろしくお願いいたします。

 

 

 

街角のカフェ

カテゴリ:ブログ,お客様の声

2023.4.18いくつ知ってるサインの種類!?

外観デザイン,外観リノベーション,外観エントランス,サイン,丸看板

つい先日残工事が終了し、撮影したばかりの物件をギャラリー掲載いたしました。

 

街角のカフェ

 

 

物件名のサイン一つとってもその種類・手法は様々。

この物件では多くのサインを色々な方法で施工しました。

 

内照式の丸看板に

 

 

切文字の壁面浮かし取付

 

切文字 突き出し取付

 

切文字 吊り取付とガラス面取付

 

 

ペイントサイン

 

もちろん、他にもサインの手法は沢山ありますが

1物件でここまで多くのサインを採用した物件はなかなかありません。

 

一般的な既製品の館銘板だけがついていた工事前とは見違える変貌ぶり。

基本の塗分けでの代わり映えはもちろんサインで一味も二味も違う演出をしています。

 

この物件は今週末に開催する見学会で見る事ができます。

 

本体は既存のままの玄関扉もダイノックシートとドアハンドル取替えでイメージ一新

 

 

この他にも見学会で説明したいポイントが盛り沢山の物件です。お楽しみに!

 

街角のカフェ

お申し込みはこちらから

 

藤本

株式会社インターデザイン
◎東京オフィス
〒107-0062東京都港区南青山2-11-17 第一法規本社ビル3F
PHONE 03(6812)9363
◎大阪オフィス
〒541-0054大阪市中央区南本町2-2-2 明治屋南本町ビル
PHONE 06(6271)5566・FAX 06(6271)5577

カテゴリ:サイン,デザイン,ブログ,事例,デザイン監理,パーツ,その他

2023.4.18第4回 ロジウラの現場事情
【元町ロジウラ再生プロジェクト】

お久しぶりのロジウラプロジェクト。

第3回から少し時間が空きましたが、この間も、材料決めやリーシングに向けたリサーチ、

工事費削減に向けた調整など、6月の完成を目指して準備中です。

そんな元町ビルですが、ついに工事が始まり、早速現場の打合せに行って来ました。

 

『第4回 ロジウラの現場事情』

今回初めて顧客以外の物件のリノベーションに取り組む外リノ。

建物を良くしたという気持ちが強いほど、工事費や工期は増えがちに…

“コスパの良い”事業のために、高ぶる気持ちを抑え、収入増を目指すことが大切です。

また、狭い路地裏での大規模な工事、

近隣にはみ出る足場や騒音を最小限にできるデザインを考える必要もあります。

色々な外リノのこだわりをもとに、入念に現場を確認していきます。

 

築60年の老体建築ともなれば、想定内外のハプニングはつきもの。

このくらい古くなると、躯体や設備の古さ、耐久性があらわに。

それだけでなく、越境や電力の不足なども、古ビルあるあるな問題のひとつです。

敷地外でも問題がつきものなこの時代の建物。

トラブルやハプニングがある前提で前向きに、

“新しい”発想と昭和のようなおおらかさでクリアしていきたいものです。

 

さて、外壁の塗装色も決定し、着々と完成への道が見えてきた元町ロジウラビル。

 

今後も工事の経過や、ちょっとしたハプニングなどもお届けできればと思います。

 

バックナンバーはこちらから!

プロローグ 第1回 第2回 第3回

 

株式会社インターデザイン

塩田

◎東京オフィス
〒107-0062東京都港区南青山2-11-17 第一法規本社ビル3F
PHONE 03(6812)9363
◎大阪オフィス
〒541-0054大阪市中央区南本町2-2-2 明治屋南本町ビル
PHONE 06(6271)5566・FAX 06(6271)5577

カテゴリ:かゑる屋,日々のこと,ブログ,現場より,その他

2023.4.11~関東分譲マンション見学会~

インターデザインでは外リノのイメージがあるかと思いますが、

それと並ぶように分譲マンションのデザインも手掛けています。

 

この度、インターデザインが手掛けた分譲マンションが

関東にていくつか竣工しましたので、その見学に行ってきました。

 

今回は大和地所レジデンス様によるヴェレーナシリーズ。

赤羽北、浮間、港南中央、菊名の4物件を丁寧にご案内していただきましたので、

その時の写真も合わせて紹介していきます!

(少々長くなります。。)

 

 

①ヴェレーナグラン赤羽北ザ・マークス

同じ建物が2つ、圧巻の迫力です。

 

左は以前に竣工しており、すでに入居者さんも入っています。

なので今回は入居前のツイン右側の建物を見学。

 

 

エントランス部分はまだ施工中でしたが、洗練した高級感が伝わってきます。

 

外観もですが、普段インターデザインでは手を加えない各お部屋の中もご案内いただきました。

 

 

 

 

最上階の各お部屋。

億を超えるマンション、通称 “億ション” です。

面白い間取りに、バルコニーも広く開放的。

 

 

弊社にて、外壁の意匠として縦に通るマリオンを入れますが、

中からの見え方や取り合いを見るのは初めてでしたので、

今後の参考に良い経験でした。

 

また、上層階では界壁が格子状となっており、デザイン性の高さを感じます。

 

 

 

 

こちらは共用部分の集会室。

入居者の方、そのお連れ様は500円で使用できるとのこと。

入居者にとってはプラスで嬉しいスペースですね。

 

 

外壁、外構の一部写真。

この一枚だけでもたくさんの材料を使用しているのがわかります。

植栽や石も物件本体を引き立てる魅力が感じられます。

 

 

②ヴェレーナグラン北赤羽

 

 

本物件はモデルルームの見学。

実際にインテリアや雑貨があると生活感もあり、より日常にプロットした空間を味わえたのもいい経験でした。

(個人的にここまでおしゃれには再現はできないですが…)

 

 

こちらは床下収納なのですが、高さが約750mmもあります。

大人でも中に入ることができ、大きな荷物でも収納することができます。

工夫が詰まったアイデア、階高が高いためにできることですね。

 

 

③ヴェレーナシティ パレ・ド・マジェステ

横浜の港南中央に移動し、坂を上った先にある物件。

各棟によってマリオンやモール、外壁の色も異なり、各こだわりが溢れつつもうまく融合しています。

 

壁から飛び出したようなバルコニー。

最寄り駅からだと一番にこの画が見えてくるので、行き帰りに見ても飽きがこないデザインですね。

 

 

 

エントランス内もきれいに仕上がっています。

天井の木ルーバーも点検口を避けて設置されています。

また、弊社でもよく使用する品番の床タイルも、光の当たり具合による見え方を確認できました。

 

 

 

マンションに囲まれた中庭にはアネックスがあります。

コンクリートとは違い木材の雰囲気が出ており、落ち着ける空間でした。

ここも自由に使用できるのは羨ましいです。。。

 

 

 

集会室とラウンジ。

 

 

 

本物件の土地の広さ、入り組んだ地形、各マンションの個性。

見れば見るほど面白さが詰まった物件でした。

 

 

④ヴェレーナグラン菊名の杜

 

こちらの物件もモデルルームの見学。

2枚目の写真にメゾネットの空間がありますが、その上階は

「②ヴェレーナグラン北赤羽」で紹介した床下収納がロフトタイプの奥にある構造となっています。

上下階で空間をうまく使用されているのがわかります。

 

 

また、ここでは模型も見ることができました。

細部まで精巧に作られていて、これもまた圧巻。

 

来訪された方向けのショートムービーでは弊社も紹介されていました。

光栄ですね。

 

 

 

長々となりましたが、とても貴重で濃い一日でした。

0から作り上げ形になるのは、やはりやりがいがあります。

 

私が担当した分譲マンションも、竣工際に見に行けたらと思います。

 

 

 

 

 

鳴瀬

株式会社インターデザイン
◎東京オフィス
〒107-0062東京都港区南青山2-11-17 第一法規本社ビル3F
PHONE 03(6812)9363
◎大阪オフィス
〒541-0054大阪市中央区南本町2-2-2 明治屋南本町ビル
PHONE 06(6271)5566・FAX 06(6271)5577

カテゴリ:デザイン,見学会,想うこと,ブログ,パーツ,竣工検査,モールディング,分譲マンション・店舗他