BLOGスタッフブログ

2024.5.8検査後もしっかり対応

本日で現地に向かうのが3回目の愛知県小牧市の賃貸マンション。

現在足場がかけられ、ぱっと見は黒い要塞のようにも見えます。

 

今回は足場解体前検査として足場を撤去する前に、現地にて塗分けの間違いや

現地での気づき、着工打合せ時に共有していた内容の反映確認などを行います。

 

足場に上るのは久々で、小雨も相まって足元に注意しながらの確認。

 

普段施工業者様とは随時メールや電話でのやり取り、送付写真での確認はしていますが、

現地に行くと写真では分からなかった箇所や、足場に上ることで気付く点もいくつか出てきます。

 

例えばこちらの天井付の室外機設置金具。

1階からの目線だと、この水平部分が天井に反映されて天井部分のホワイトが綺麗に通りません。

 

こちらは屋根と妻面の塗分け部。

屋根部分でホワイトとベージュが止まっていますが、前面からの見え方を考慮すると屋根まで塗装したい。。

本物件、妻面はあまり見えない立地となっていますがデザインにおいて妥協はしません。

 

こちらは2階階段の踊り場。

「消火器」と書かれたパネルの上部にサインを入れるのですが、当初の現地調査ではこのパネル文字に気付かず。。

サインの効果としては、1階から歩いてくる入居者に向けたものであり、

「消火器」の文字も見えてくることになりサインの効果が半減します。

 

 

そのため検査後は施工業者やオーナー様と齟齬のないように、上図のように資料を作成し

より綺麗に魅せるよう細かいところまで再度指示しています。

 

完工まで残り1ヶ月ほどですが、まだペイントサインや電気工事といった大きな項目もあるので、

密にやり取りしながら進めていくのみです。

 

 

株式会社インターデザイン

鳴瀬

◎大阪オフィス
〒541-0054大阪市中央区南本町2-2-2 明治屋南本町ビル
PHONE 06(6271)5566・FAX 06(6271)5577

カテゴリ:サイン,デザイン,作業,現場監理,現場より,デザイン監理,塗装

2024.2.14トラブル発生ポストリノベーション

栃木 女子学生マンションのリノベーション。

元々ついていたポストが古くセキュリティ面が心配。

総戸数も多く、狭い通路では下の方のポストは使い勝手が悪いだろうという事で

外リノを機にポストのリニューアルをご提案。

 

取りにくかったポストの半数以上を反対側の管理人室の窓開口を利用して移動させるご提案をしました。

 

しかしここで想定外のトラブル発生。

いざ施工が始まり古いポストを外してみると…

 

元々ポストがあった壁面はタイルが貼られていませんでした。

 

新たなレイアウトでもこの通り…周囲にタイル仕上のない壁面が大きくでてきてしまいました。

 

 

 

そこで今回はオーナー様にも相談し追加の金額はかかりますが意匠的には類似タイルを張りたいとご提案しました。

 

施工会社様に類似タイルの選定を依頼しご提案いただいたのがこちら

どうでしょう。

既存が山型の凹凸のあるタイルだったのに対し外寸は同じでもこちらはプレーンなタイル。

出来上がった際にどこが補修のタイルか一目瞭然でわかってしまいます。

これではデザイン的に承認ができないということで、弊社にて再選定した近似タイルがこちら

 

 

ほぼ同一のタイルが見つかりました。

 

 

工事途中ですが、最新の写真がこちら。

タイル面の塗装も完了し、今となってはどれが補修のタイルだったかよく見ないとわからないレベルです。

 

まだいくつか残工事がありますが物件名の大きなサインも入り見違えるエントランス空間になっていました。

 

施工会社の担当者様曰く、

入居者の学生がよくこのホールで写真を取ったり、飛び跳ねて動画を撮影しているのだとか。

デザインの狙い通りに写真映えのするエネルギッシュなエントランスです。

 

近所の住人からも綺麗になって見違えたと好評なようで、入居者からも地域の人からも愛され物件に変身中。

工事竣工までもう間もなく。

 

今回はオーナー様のご理解もあり追加費用がかかりましたが綺麗に納めることができました。

皆さんも既存のポストを交換の際、壁の仕上には要注意です。

 

藤本

株式会社インターデザイン

◎大阪オフィス
〒541-0054大阪市中央区南本町2-2-2 明治屋南本町ビル
PHONE 06(6271)5566・FAX 06(6271)5577

カテゴリ:作業,日々のこと,ブログ,現場監理,現場より,塗装,パーツ

2024.1.20問合せ急増!依頼急増の2024

遅ればせながら2024年最初の投稿となりました藤本です。

 

特に写真がないので自宅の猫です。

 

 

さて外リノでは昨年12月から年始にかけて非常に多くのお問い合わせをいただき

いくつものプロジェクトが開始しました。

 

通常の築古マンションのリノベーションに加え外リノ新築にテナントビル

事務所の移転や店舗の改装にデザインコンペのご依頼まで

 

その中でも特に新築のお問合せが多かった印象です。

場所も都内から地方まで大手ハウスメーカーのものや地元の工務店さんや

ハウスメーカーなど構造規模も様々ですがすでに5件ほどご依頼を頂いております。

 

外リノに加え、インターデザインの分譲マンション事業の方でも進行中のプロジェクトに加え新規が2,3件あり

大忙しの年始スタートとなりました。

 

事務所では店舗や新築の賃貸に分譲マンション、デザインコンペまで本当に色々なプロジェクトが同時進行し

スタッフの声が飛び交っています。

 

まだ1月中ですがこれからの新規のご依頼は2月中から末頃になりそうです。

ご相談は是非お早めにお願いします。

 

来週も早々にプレゼンテーションに個別相談の予定です。

 

 

藤本

株式会社インターデザイン

◎大阪オフィス
〒541-0054大阪市中央区南本町2-2-2 明治屋南本町ビル
PHONE 06(6271)5566・FAX 06(6271)5577

カテゴリ:日々のこと,作業,ブログ

2023.11.20福岡新築マンション 分科会出席

先日博多で新築マンションの現場へ。

 

まずは分科会に出席。

材料の確認や、設計の変更がデザインにどのように影響が出るかなど、状況を読み取ります。

 

分科会では、施主にとって重要視している部分の会話が飛び交うので、デザインする際の参考になります。

私たちは表層のデザインで、人々の感情を動かせるようデザインをしますが、

管理人室や盤類のレイアウトであったり、各扉の施錠はどのように行うのか等、運営目線での話は普段の視点と異なりとても勉強になりました。

 

 

現場では各フロア住戸の仕上は進んでいますが、エントランスの工事は終盤になります。

 

現在のコンクリート打放しの状態でも、シルエットが見えてきました。

 

エントランスホール

↑現場 ↓ご提案

 

エレベーターホール

↑現場 ↓ご提案

これからの進捗が非常に楽しみです。

 

駒居

株式会社インターデザイン

◎大阪オフィス
〒541-0054大阪市中央区南本町2-2-2 明治屋南本町ビル
PHONE 06(6271)5566・FAX 06(6271)5577

カテゴリ:インターデザイン,日々のこと,デザイン,作業,ブログ,現場監理,現場より,竣工検査,デザイン監理

2023.11.14福岡新築マンション モデル見学

博多で新築の計画が進んでいます。

外観はまだ見えてきませんが、着々とコンクリートの打設が進んでいます。

 

平行して内装はどんどん仕上が進んでいます。

本物件の内装は、設計士様より指定頂いた仕上げ材から、カラーリング等アドバイスさせていただきました。

 

巾木やドア枠は、変更不可との事だったので、ホワイトを活かしつつ、

クロスやフローリング、扉の色やカウンター等、全体のバランスを整え、上品な設えができたかと思います。

 

本物件は施主様が自社管理する賃貸マンションですが、

分譲マンションのようにモデルルームを作成されておりました。

 

弊社の管轄ではありませんが、ミニマムなキッチンにもモデルでは備品が置かれ、

使い勝手の良さを感じられました。やはり実際に調理器具などが置かれていると生活の様子をリアルに感じられワクワクします。

 

共用部の仕上がりも楽しみです。

 

駒居

株式会社インターデザイン

◎大阪オフィス
〒541-0054大阪市中央区南本町2-2-2 明治屋南本町ビル
PHONE 06(6271)5566・FAX 06(6271)5577

カテゴリ:インターデザイン,作業,日々のこと,デザイン,現場より,ブログ,現場監理,竣工検査,デザイン監理

2023.9.1名古屋に外リノ新築竣工

以前より何度かブログでもご紹介してきた名古屋の外リノ新築物件

途中プラン変更やVEによる仕様変更なども経て、この度無事完成しました。

 

デザイン提案としてマテリアルの選定や照明計画はもちろんですが

外リノ新築のデザイン監理って他にどんなことをしてくれるの?と思われる方もいると思うので

今日はこの物件で工事中、最後に指摘してお願いした是正箇所を2カ所ご紹介。

 

1つ目はこの火災報知器の総合盤。

竣工前検査の時は既製品の白色だった為悪目立ちしていたので

プレートの塗装をお願いしました。

比べてみるとその差は一目瞭然。

 

 

ミラー越しにも写ってしまうので既製品のままでは残念な仕上がりになってしまうところでしたが

塗装していただいたことで違和感の少ない仕上がりになっています。

 

 

2つ目は遠くからや見上げのアングルで少し見えて目立ってしまっていた

バルコニー面のエアコン化粧カバーも外壁と同じ色で塗装していただいてこの通り。

 

 

このように2つは一例ですが、オーナー様が気付かなかったり

指摘しずらいようなポイントも外リノがデザイン監理をするときには

気になるところはどんどん指摘しています。

細かな事もお願いするので施工会社様からは煙たがられることも少なくありませんが、

こちらの現場は設計・施工会社様も協力的で要望にも応えていただけたので

より完成度の高い物件になったのではないでしょうか。

引き渡し後に連絡した際も「いいものができました。ありがとうございました」と最後まで気持ちの良い施工会社様でした。

 

オーナー様にも 「2棟目の際は是非またお願いします」と言っていただけて

また1つ無事物件を終えた達成感を感じました。

 

肝心なデザイン部分は早速スタッフがギャラリーも更新してくれているので是非ご覧ください。

MARUNOUCHI THRILLING

 

 

 

 

最後に直近のイベント情報です。

「外リノ」のこだわりが詰まった民泊がいよいよオープンします。

自社物件だからこそ、試行錯誤を繰り返しデザイン性を取り入れつつ ローコストを目標に進めたプロジェクト

 

来週末には一足先に完成見学会を行います。他にも外リノ・外リノ新築をいくつか見学予定です。

この機会に外リノのこだわりを是非体感してください。

 

残席僅かです。

(9/9)外リノ民泊『かゑる屋』完成見学会 in 神戸

藤本

株式会社インターデザイン

◎大阪オフィス
〒541-0054大阪市中央区南本町2-2-2 明治屋南本町ビル
PHONE 06(6271)5566・FAX 06(6271)5577

カテゴリ:デザイン,作業,新着情報・トピックス,ブログ,現場監理,竣工検査,デザイン監理,フロムオフィス

2023.8.10どの位置がいいのか。

外リノでは切文字やペイントサインなどで実際のサイズや位置を社内にて検討していますが、

今回はもう一つの分譲マンションにおけるサイン位置の検討。

 

こちらはデザイン提案してから約1年経った物件。

当初のご提案でも配置やざっくりしたサイズのご提案はしていましたが、

現場が始まるにつれ細かい内容も決めていく時期となります。

現場を想定して実際に実寸で何パターンか打ち出して確認していきます。

 

入居者目線だとこの位置でいいのか。

サイズやフォントもこれでいいのか。

納まりや仕様は問題ないか。

 

諸々考慮して決めていきます。

他物件では切文字サインを天井から吊下げるパターンもありましたので、

その際は実際に2.6mの高さに設置して検討もしました。

 

やることは外リノと同じですが、マンションの顔ともなるので気は抜けません。

 

どういった見せ方がカッコイイのか。日々検討あるのみです。

 

 

鳴瀬

株式会社インターデザイン
◎東京オフィス
〒107-0062東京都港区南青山2-11-17 第一法規本社ビル3F
PHONE 03(6812)9363
◎大阪オフィス
〒541-0054大阪市中央区南本町2-2-2 明治屋南本町ビル
PHONE 06(6271)5566・FAX 06(6271)5577

カテゴリ:サイン,作業,デザイン監理,フロムオフィス,分譲マンション・店舗他

2023.8.8外リノはここまで検討する。
ハウスメーカー仕様の賃貸マンション

外リノ新築打合せ パナソニックホームズへ

以前ブログにてご紹介した物件。

 

外観の仕様もほぼ決定。

今週は内廊下のマテリアル決めを行いました。

デザインイメージに合う不燃のクロスをかたっぱしから手配します。

ダークグレーとグレーと、タイルに色の近い木調クロス選定。

 

↑途中の有力案がこちら

手配していたサンプルがおおかた出そろったとき一番よかったのがこの組み合わせ。

この案のデメリットは色柄の相性を優先したため、クロスと巾木のメーカーがバラバラ。

A社のクロスにB社の巾木ではちょっと手間で割高かなという懸念がありました。

 

頭を抱えていたところ、遅れて到着したもう一社のサンプルがこちら…

 

 

イメージに合うものが1社で揃いました。

先程の案と比べ木調クロスが若干明るいのは気になるところですが全体のバランスや

クロスと巾木の相性はバッチリではないでしょうか。

 

結果、たったの3品番のクロスの選定に数社のメーカーから何十枚ものサンプルを取り寄せ検証しました。

さらっと映る巾木も実は検討の成果です。

 

巾木なんてどのメーカーでもだいたい一緒!なんて思っていませんか?

意外と色味が全然違います。

 

このようなマテリアル決定の過程も外リノが関与しない場合

通常はオーナー様がショールームで無数のカタログ帳の中から小さなカットサンプルで

それぞれ品番を決めて終わり。という流れも多いと思いますが

 

外リノでは極力、実物のサンプルを手配し並べて検証しています。

この手間とこだわりが完成時の見映えや完成度に大きく影響しています。

 

また、外リノをご依頼いただいたオーナー様の多くが外リノを頼むことで結果的に「楽」と言われるのは

このような手間のかかる作業を自分自身がせずに最後に確認だけすれば済むというところかもしれません。

 

当然上記の検証資料もオーナー様には共有済みです。

 

 

最近ではオーナー様だけでなくメーカー様からの直接のご相談や依頼も増えてきました。

設計事務所の自由設計の新築だけでなくハウスメーカーの規格商品でもデザインで変わり映えのする

提案は可能だと考えます。

 

気になる方はお気軽にお問い合わせください。

 

 

藤本

株式会社インターデザイン

◎大阪オフィス
〒541-0054大阪市中央区南本町2-2-2 明治屋南本町ビル
PHONE 06(6271)5566・FAX 06(6271)5577

カテゴリ:作業,デザイン,ブログ,材料チョイス,パーツ,フロムオフィス