BLOGスタッフブログ

2021.12.6外リノ新築をご検討中の方へ。

最近

「新築物件のデザインを依頼したい」

「外リノさんは新築のデザインもできますか」

といった「新築物件」を検討中のオーナー様からのお問い合わせが非常に多いです。

 

中古物件の値上がりが続き、新築物件検討中の方も多いのではないでしょうか。

 

 

新築だからすぐ満室になる。確かにそうかもしれません。

ただし3年後、5年後に空室が出始めたとき、きっと周辺にはもっと新しいマンションがいくつかあることでしょう。

新築ではなくなったときにも競争力のあるマンション計画になっていますか?

 

だから新築の時こそ目を惹く個性とコンセプトを感じさせるデザインが重要だと考えます。

外リノでデザインした多くのマンションは満室経営。

さらに入居待ちになっていますとご報告いただく事も多々。

 

 

そこで今回は “外リノ新築”についてお伝えいたします。

 

実はインターデザイン。新築分譲マンションのデザイン実績は800棟以上。

外リノよりもさらに多くのデザインを手掛けてきました。

インターデザイン 製作事例【クリック】

 

外リノ新築をご依頼いただく際にはこれまでのノウハウを活かし、

ターゲット、立地、家賃、そしてオーナー様のご希望に沿った

最適なデザインをご提案させていただきます。

 

外リノ新築ギャラリー【クリック】

すでに外リノ新築での実績も多数ありますので、是非ギャラリーでご確認ください。

 

新築でのご依頼に関しましても、外リノはデザインのみ

デザイン・設計施工・分離方式を採らせていただいております。

 

また新築のデザイン料については構造や規模により異なりますので

お気軽にお問い合わせください。【クリック】

 

今回はお問合せいただく際に多くいただく質問にもお答えします。

 

Q:「外リノ新築を依頼した場合どのようなデザインと監理をしていただけますか」

A:「CGパースを用いたデザインイメージの作成と材料の品番・貼り分けなどの仕様を細部までご提案します。壁や窓の造作変更や手摺形状の変更、マリオン(装飾柱)の追加など建築基準法や構造・景観などが絡む申請関係は設計会社様もしくは設計施工会社様に確認していただきます。デザインが決まれば設計会社様にデザインを反映した図面を作成いただき図面のチェックと工事着工後は工事完了まで写真等にてデザイン的な監理をしています。詳しくはお問合せください。」

 

Q:「デザインを依頼するタイミングは新築の場合いつがよいですか」

A:「建物の平面・立面のプランがある程度固まった段階。確認申請前がベストです。この段階であればデザイン的に壁の位置を調整したり窓の位置形状をある程度変更できたり、より自由度の高いデザイン提案が可能になります。ただし確認申請中、もしくは確認申請後のタイミングでもデザインができないわけではありません。その場合も可能な範囲の軽微な変更や材料チョイスで競争力の高いデザイン提案が可能です。」

 

Q:「鉄骨造の予定ですがデザインできますか」「木造で考えていますがデザインできますか」

A:「建物の構造・規模に関わらずそれぞれの特性を活かしたデザイン提案が可能です。デザイン料についてはお問合せ下さい。」

 

Q:「外観・共用部だけでなく室内の内装のご提案もしていただけますか」

A:「可能です。基本的な天井・壁・床材の指定から意匠照明の考え方をご提案します。キッチンや建具、水回りなどの備品については設計会社様の想定されているグレードのものから選定していく形です。別途内装イメージパースの作成も可能ですのでご相談ください。」

 

 

以上、参考になりましたでしょうか。

ご説明しきれていない部分も多くあるかと思います。お気軽にお問い合わせください。【クリック】

 

藤本

株式会社インターデザイン
◎東京オフィス
〒107-0062東京都港区南青山4-10-12 VICOLO南青山
PHONE 03(6434)9987・FAX 03(6434)9986
◎大阪オフィス
〒541-0054大阪市中央区南本町2-2-2 明治屋南本町ビル
PHONE 06(6271)5566・FAX 06(6271)5577

 

 

カテゴリ:新着情報・トピックス,ブログ