BLOGスタッフブログ

2022.3.30大阪のホテル

先週になりますが、大学の後輩たちの卒業式がありました。

式自体には行けなかったのですが、学科ごとの二次会は教授が手掛けたホテルで行われ、

そこには先輩たちも集まるのが恒例で、私もお祝いに行きました。

私が卒業する時にも先輩方がたくさん祝いに来てくれたのを思い出します。

 

今回はそのホテルをご紹介したいと思います。

「THE BOLY OSAKA」

北浜にある築古のビルにリノベーションを施したホテルです。

土佐堀川に面した好立地で、この写真はレセプションのフロアです。

最上階にレセプションがあります。

お部屋は全て異なる間取りで5室。

こちらは「キタハマレジデンス」という名前のお部屋です。

ところどころに昔の面影を残し、それでいてスタイリッシュに魅せています。

もともとオフィスビルであったなんて信じられないほどです。

川沿いのお部屋からはライトアップされた公会堂が目の前に!

このバルコニーでワインなんて飲んでいるとフランス人になれそうです。

 

こちらも川沿いのお部屋です。

「リバービューツイン」

私はこの青がたまらなく好きなのです。

ガラスの照明の影が壁に映り、ギラギラした大阪の夜から切り離された気分になります。

家具類も欧州の有名なブランドが集められ、室内はさながらヨーロッパのアパートのよう。

大阪にご滞在の際はゆっくり贅沢なひと時を過ごされてみては?

 

西田

株式会社インターデザイン
◎東京オフィス
〒107-0062東京都港区南青山4-10-12 VICOLO南青山
PHONE 03(6434)9987・FAX 03(6434)9986
◎大阪オフィス
〒541-0054大阪市中央区南本町2-2-2 明治屋南本町ビル
PHONE 06(6271)5566・FAX 06(6271)5577

カテゴリ:日々のこと,デザイン,ブログ,照明,想うこと,個人的に

2022.3.17触れてみたとき、離れてみたとき

家具がデザインに登場することがあります。

ソファなどの大き目な家具は、置くだけで空間の指向性や、アフォーダンスを決定づけたり、

緊張感やかわいらしさなど、印象を操作する事にも役立ちます。

 

ソファを選ぶとき、大きさや形状もデザインとして重要ですが、

張地を選定するのもデザインの完成度を大きく左右します。

まずはどんな生地なのか触れてみます。

厚みはどうか、目の粗さや肌触りはどうか。

次に離れてみます。

生地によっては、数種類の糸が編み込まれているものがあります。

近くで見た時と、離れてみた時にイメージした色と違わないように気を付けます。

大抵は、生地が分厚く、目が粗い糸色の種類が数種織り込まれたものを選びます。

腰を下ろした際に、しっかりと体を支え、生地自体に深みのある印象を持たせられるからです。

 

弊社でソファを提案する際は、高級感や空間に厚みを出したいことが多いので、

適した印象になるように、日々試行錯誤しています。

 

駒居

株式会社インターデザイン
◎東京オフィス
〒107-0062東京都港区南青山4-10-12 VICOLO南青山
PHONE 03(6434)9987・FAX 03(6434)9986
◎大阪オフィス
〒541-0054大阪市中央区南本町2-2-2 明治屋南本町ビル
PHONE 06(6271)5566・FAX 06(6271)5577

 

 

カテゴリ:日々のこと,デザイン,作業,ブログ,材料チョイス,想うこと,個人的に

2022.3.11「思い出の写真」ができるまで。

今回は僕のiPhoneに記録された建物の写真をピックアップしてご紹介いたします。

まずこちらはブログでもご紹介した「Hostel東風の家」さん。

高知の古民家ゲストハウスです。

外観だけでなくインテリアにもオーナー様のこだわりが詰まった素敵な古民家です。

ブログ「四国おひとりさま」

 

こちらは僕の地元、堺市にある一棟貸し古民家宿泊施設「SAKAINOMA濵」

広々とした敷地に贅沢に建てられた築120年を超える古民家。

幹線道路に面した立地にもかかわらず塀や木々のおかげで本当にタイムスリップしてしまったかのような感覚に陥ります。

とはいえ設備関係は最新のもの。古民家の風貌に現代の設備が組み込まれた快適空間なのです。

ご興味のある方はぜひ調べてみてくださいね!

 

続いてこちらは和歌山県田辺市、高野山の麓にある「龍神温泉 元湯」僕がひとりでバイクに乗って通う温泉です。

龍神温泉は日本三大美人の湯と呼ばれる由緒ある温泉街。

この街の雰囲気たるや、京都にも負けない深みがあります。

 

そして大阪近代建築の雄、公会堂や、

北海道は小樽港での夕暮れなど…

 

建物や風景の写真。写真って不思議と見返すたびに取った時の情緒や空気を思い出させてくれますよね。

僕の好きな古民家や近代建築は、いつ崩壊しても不思議ではありません。形あるものいずれ崩れてしまうのは当然。

しかしこの現代なら永遠にデータで残すことができます。

お気に入りの古民家カフェの写真はいつも手元に。

インターネットで世界の名建築を巡ることだってできる。

そう。iPhoneならね。

 

西田

 

株式会社インターデザイン
◎東京オフィス
〒107-0062東京都港区南青山4-10-12 VICOLO南青山
PHONE 03(6434)9987・FAX 03(6434)9986
◎大阪オフィス
〒541-0054大阪市中央区南本町2-2-2 明治屋南本町ビル
PHONE 06(6271)5566・FAX 06(6271)5577

カテゴリ:日々のこと,ブログ,想うこと,個人的に

2022.2.9東京おひとりさま2~アート編~

グランベルホテルに一泊し、見学会の翌日。

 

年明け前から狙っていた2つの企画展に行きました。

 

まずは21_21DESIGN SIGHITで開催中の『2121年 Futures In-Sighit展』です。

この建築は安藤忠雄氏。

 

一枚の鉄板を折り曲げて作ったという屋根が特徴的です。

 

中に入ります。

企画展のスタート地点です。

 

写真撮影OKとのことでたくさん写真を撮ったのですが、こちらの展示は5月8日まで。

 

ネタバレの投稿は控えさせていただきます。

 

宇宙、世界、そして自分自身の”未来”についての展示です。ご興味のある方はぜひ!

そしてもう一つはこちら、三井住友銀行東館で開催中の『SMBC meets Contemporary Art』です。

 

ダイナミックなアートたちが一つの空間にのびのびと展示されています。

こちらも写真撮影はOK。しかも入場無料!

ここはスケスケのガラス張り展示。往来からも目を惹くカラフルなアートや

「気にすんなよ」みたいな意味のワードアート。

ペイントも立体も、一つひとつに魂が宿っているかのように感じられました。

 

こちらは2月18日まで。ご興味のある方はお急ぎを!

 

 

西田

 

株式会社インターデザイン
◎東京オフィス
〒107-0062東京都港区南青山4-10-12 VICOLO南青山
PHONE 03(6434)9987・FAX 03(6434)9986
◎大阪オフィス
〒541-0054大阪市中央区南本町2-2-2 明治屋南本町ビル
PHONE 06(6271)5566・FAX 06(6271)5577

カテゴリ:日々のこと,デザイン,ブログ,想うこと,個人的に

2022.1.19一月往ぬる二月逃げる三月去る

つい先日、2021年の書き納めブログを投稿したと思ったのですが

早いもので、1月も残りわずかとなってきました。

「一月往ぬる二月逃げる三月去る」とはよく言ったもので、

年末から今日まであっという間に過ぎ去った気がします。

 

今、動いている物件の多くが春先の入退去時期までに外リノをして、

空室対策をしたい。」

家賃を少しでも上げたい。といったオーナー様の物件です。

現場の打合せや色決め、写真チェックなどのデザイン監理や

デザインのVEによる工事金額の調整などの業務を日々こなしています。

トップ画像はサンプル確認や図面チェックをしている会社ケータイの直近の写真達。

 

さて、外リノでは今年も東京・大阪を中心としたセミナーや見学会などのイベントを計画しております。

初回となる今月29日の東京バスツアーは既に定員一杯のご応募をいただきました。

ご応募いただいた皆様ありがとうございました。

今回タイミングが合わず応募できなかった方もまた、次回以降の見学会や

見学会レポートなども楽しみにお待ちいただければと思います。

 

それでは2022年も外リノをよろしくお願いします。

お問合せはお早めに!

 

 

 

 

藤本

株式会社インターデザイン
◎東京オフィス
〒107-0062東京都港区南青山4-10-12 VICOLO南青山
PHONE 03(6434)9987・FAX 03(6434)9986
◎大阪オフィス
〒541-0054大阪市中央区南本町2-2-2 明治屋南本町ビル
PHONE 06(6271)5566・FAX 06(6271)5577

 

 

カテゴリ:ブログ,想うこと,フロムオフィス,個人的に,その他

2021.12.8ビジネスホテル?観光ホテル?

ひと月ほど前に四国旅行で古民家に泊ったお話をブログでさせていただきました。

 

実はもう一つ、どうしても行きたいホテルがあったのです。

 

「たかのこのホテル」

愛媛県松山市にあるホテルで、宿泊者は隣接する「たかのこの湯」に入り放題といううれしいサービス!(僕は2回入りました)

魅力はなんといってもお出迎えしてくれる激レアなバイク達。

エントランス、ニッチ、そしてわざわざバイクを飾るために拵えた棚まで!

これらはすべてオーナーの趣味だそうです。

こういった趣味全開のホテルこそ、その趣味に共感するリピーターを集められるんですよね。

サインにもこだわりが感じられます。

廊下のダウンライトも遊び心に溢れていますね。

ミニマルな外観もかわいくて、近隣には地元ならではのお店も充実。

「オーナーの趣味がお客様を連れてくる」

とてもいい関係だと思いませんか?

 

 

西田

 

株式会社インターデザイン
◎東京オフィス
〒107-0062東京都港区南青山4-10-12 VICOLO南青山
PHONE 03(6434)9987・FAX 03(6434)9986
◎大阪オフィス
〒541-0054大阪市中央区南本町2-2-2 明治屋南本町ビル
PHONE 06(6271)5566・FAX 06(6271)5577

カテゴリ:サイン,デザイン,ブログ,照明,想うこと,コンセプト,個人的に

2021.11.25近づく年の瀬。外リノ需要。

弊社大阪事務所のすぐ傍、御堂筋では

毎年この時期になると、盛大にライトアップされる催しが開かれています。

 

同様に今年も、弊社の打合せ室にもクリスマスツリーが設置されました。

これだけでクリスマスや年の瀬を感じます。

 

 

外リノでは、決算の都合や、来年の引越しハイシーズン(1月~3月)に向けて、今からデザインの依頼をしておく。

というオーナー様が多く、有難いことに、この時期に依頼が多くなる傾向があります。

 

来年の集客に一抹の不安があるというオーナー様は、是非一度以下問い合わせリンクより、ご相談ください。

 

[問い合わせリンク]

 

駒居

株式会社インターデザイン
◎東京オフィス
〒107-0062東京都港区南青山4-10-12 VICOLO南青山
PHONE 03(6434)9987・FAX 03(6434)9986
◎大阪オフィス
〒541-0054大阪市中央区南本町2-2-2 明治屋南本町ビル
PHONE 06(6271)5566・FAX 06(6271)5577

カテゴリ:日々のこと,ブログ,想うこと,個人的に

2021.11.24四国おひとりさま

会社に四連休をいただきまして、四国へひとり旅をしてまいりました。

 

この土日は20度に迫るほどの温かさで、バイクで走るのはとても気持ちよかったです。

 

ちなみに一枚目のこの写真、四国山地を尾根沿いに走る瓶ヶ森林道。(冬季通行止)

通称UFOライン。トヨタ・カローラスポーツのCMのロケ地だそうです。

前後はかなりの酷道ですので軽い気持ちで行ってはいけません…。

 

さて、今回もお宿の紹介をさせていただきます。

高知県安芸市に気になるお宿がありましたのでそちらへ宿泊しました。

ホステル東風ノ家

古民家を改装した宿泊施設です。

なんと風格のある佇まいでしょうか。

門扉をくぐり敷地内へ。

なぜか懐かしく感じるこの雰囲気、古民家ならではの特別なものです。

青い塗壁!

このバランス感覚、半端ないですね。

宿主のあずみさんは地元の安芸が大好きなかわいいお姉さんです。

ロビーには安芸市、高知県、土佐藩にまつわる本がたくさん!

晩ご飯のお店も教えていただきました。

高知といえばカツオですよね!

たたきはもちろんですが、刺身がチョーうまいんです!

高知に行ったら是非食べてほしいです!

さて、おなかもいっぱいになったのでお宿に戻ります。

ずっと居たくなる心地よさです。

と、このあとその日の宿泊者の方と地元の方、宿主のあずみさんと日付が変わるころまで地酒をいただきました。

安芸虎、とてもおいしかったです。おかげでぐっすり眠れました。

 

いかがだったでしょうか?

 

冬の旅行はちょっと面白そうなお宿に泊まってみませんか?

 

西田

 

株式会社インターデザイン
◎東京オフィス
〒107-0062東京都港区南青山4-10-12 VICOLO南青山
PHONE 03(6434)9987・FAX 03(6434)9986
◎大阪オフィス
〒541-0054大阪市中央区南本町2-2-2 明治屋南本町ビル
PHONE 06(6271)5566・FAX 06(6271)5577

 

カテゴリ:日々のこと,ブログ,想うこと,個人的に,その他