100年前の建具

カテゴリ:その他, ブログ, 材料選び






民泊にする物件の外リノの提案画像。



エントランス扉に時代建具の蔵戸を提案。






時代建具の専門店に行き、今回のデザインイメージに合う蔵戸を探す・・・。







倉庫の中にあるたくさんの蔵戸を全て見ましたがイメージに合うものが無く、



店員さんに相談すると、イメージ画像に近いものを別の倉庫を探してくれることに。



そして一週間後に届いたメールに添付させれていたのがこの写真。




まだ修繕前の蔵戸ですが、ほぼイメージ通り!



また伝えていた予算内で探してくれていたみたいです。



さっそくこれで仕上てもらうように。






次に仕上りの色を確認するためにサンプルを送っていただき確認。

左側の色で仕上げてもらうように依頼。



出来上がりが楽しみです。






下の写真は別の仕上がった蔵戸ですが、色、仕上方など希望通りにこんな感じで仕上げてもらえます。




専門の職人さんの仕事は凄いですね。



約100年前の建具が蘇ると思うとワクワクします。






100年とまではいきませんが、



外リノも築20~50年の古い建物を蘇らせると言う意味では同じかな。
























勝山

株式会社インターデザイン 
◎東京オフィス
〒107-0062東京都港区南青山4-10-12 VICOLO南青山
PHONE 03(6434)9987・FAX 03(6434)9986
◎大阪オフィス
〒541-0054大阪市中央区南本町2-2-2 明治屋南本町ビル
PHONE 06(6271)5566・FAX 06(6271)5577