BLOGスタッフブログ

2022.1.27影で表現。

大阪の街を歩いていると、床に影を落としてロゴや模様を写している表現が見られます。

↑の画像は北浜付近で見たライティング

 

くっきりと影が浮かび上がり、目に留まるので

とても印象に残ります。

照明の下部に間隔を空けて、模様をかたどった装飾を取付けることでこのような表現になります。

 

仕組みは簡単なのですが、意外と難しいのがこの表現。

別の場所ではこのようになっていました。

一見うまくいっているようですが、北浜と比較すると影が薄く感じます。

照明の光量が少ないのか、周りの照明が干渉しているのか、表現手法の難しさがわかります。

少し離れるとほとんど見えなくなってしまいます。1階に店舗が入るとさらに見えなくなりそうです。

とはいえ近づけば、十分入居者にとって嬉しい建物のアクセントだと感じました。

 

都市において、個性をもった建築を建てるが当たり前となってきている昨今。

このようなテクニカルな表現を、弊社でも十分検証した後、費用対効果の良い表現として提案していきます。

 

駒居

株式会社インターデザイン
◎東京オフィス
〒107-0062東京都港区南青山4-10-12 VICOLO南青山
PHONE 03(6434)9987・FAX 03(6434)9986
◎大阪オフィス
〒541-0054大阪市中央区南本町2-2-2 明治屋南本町ビル
PHONE 06(6271)5566・FAX 06(6271)5577

カテゴリ:サイン,日々のこと,デザイン,ブログ,照明