BLOGスタッフブログ

2021.6.1共用部の色温度はコレで決まり

近所の賃貸マンション・・・

 

おそらく意図したデザインではないと思いますが、屋外階段の照明器具の球の色温度が階ごとに異なります。

交換の際に球がそれしかなかったのか、オーナーさんは照明の付いた夜に自身の建物を見る機会がなく気づいていないのか謎のままですが

違和感を感じませんか。

 

色温度はK(ケルビン)という単位で表記されます。照明器具の場合はおおよそ2000から~7000程度の数値で表され

数字が大きくなるほど黄色から白に近づきます。

 

この建物の共用廊下は真っ白に見えるので昼白色。

4000K-5000Kあたりの照明ですね。

 

 

照明器具をカタログなどで比べた際、単純な照度数値の差から白色の器具を選ぶ方いませんか?

 

もちろんインターデザインでもコンセプト、デザインに応じて内照式サインなどを白色でスッキリと魅せる事も時々ありますが

そういった場合を除いた共用廊下などで「外リノ」がおすすめするのは電球色。

 

 

少し古く、寒々しい印象の白色に対して

温かく安心感のある電球色。

2700Kや2800Kの照明器具を使います。

 

アプリで賃貸を探す時代。夜景映えは欠かせません。

募集だけではなく毎日の生活で1日の終わりに家に帰るとき

明るく温かい雰囲気のマンションの方が良いですね。

 

共用部の照明器具の色温度がバラバラになっていませんか?

手入れの行き届いていない印象を与えるのはとても勿体ないです。

 

 

 

大規模改修などで照明のやり替えを検討している方は是非電球色の照明器具で統一してみてください。

デザインでお困りの方は個別相談へお越しください。

 

 

 

 

藤本

株式会社インターデザイン
◎東京オフィス
〒107-0062東京都港区南青山4-10-12 VICOLO南青山
PHONE 03(6434)9987・FAX 03(6434)9986
◎大阪オフィス
〒541-0054大阪市中央区南本町2-2-2 明治屋南本町ビル
PHONE 06(6271)5566・FAX 06(6271)5577

 

カテゴリ:デザイン,ブログ,材料チョイス,照明,パーツ,フロムオフィス