伝統カラーで お色直し

Concept

端正な水平ラインを持つこの古いビルに手を加え、建物形状をより明確に仕上げます。
現代的フォルムでまとめながら、この界隈にないブラウン『枯茶』と
ブラック『墨』の二色を採用。
その日本の伝統色が、より橿原神宮の玄関にふさわしい佇まいをみせます。
また、メインの階段シャフトは鮮やかで爽快なグリーン『若草』を取り入れ、
外観とは別世界の空間を演出します。
遠くからでも認識できるよう、光文字と鳥居をイメージしたサインを設け、
このビルが町のアイコンになります。

Gallery

  • 外観エントランス
  • ホール
  • 外観カラーリング
  • その他共用部


Outline

  • 所在地奈良県橿原市
  • 構 造S造
  • 総戸数
  • 築年数築44年
  • リノベーション竣工2018年