ホテル街、奥まったアプローチ

Concept

その建物は名古屋市のホテル街にありました。
極採色が氾濫する環境の中に、埋まるように奥まったエントランス。
立派なボリュームの建物もここではあまり役に立ちません。
アプローチとエントランスを独立させてデザインすることで、
周辺環境に埋もれないファサードを演出します。
適度な壁で閉鎖感を生み出し、環境から切り離し、
長い奥行きはあえて強調しています。
照明効果は大切ですね。夜間の内見が増えているから。
遠いアプローチが「スケール感」を、細くて長いアプローチは「特別感」を。
費用対効果のあるデザイン手法です。




Gallery

  • 外観エントランス
  • ホール
  • 外観カラーリング
  • その他共用部


Outline

  • 所在地愛知県名古屋市
  • 構 造RC造
  • 総戸数35戸
  • 築年数築16年
  • リノベーション竣工2019年