渋谷の新築 ブルックリンテイスト。

カテゴリ:フレンチ・リノベーション, ブログ, 外リノ事例, 新着情報・トピックス


所在地:東京都港区
構 造:RC造
総戸数:36戸
築年数:新築
竣 工:2017年




新築で出せる味わいは、変わることのないアーリーアメリカンスタイルです。
ブラウンのシックなレンガタイルに、マットブラックのゲートが目に焼き付きそうです。
アイアンの車止めに番地の表示が何ともNY。
ディスクのライトはカフェと勘違いしてもらえたら‥という遊び心から。




床のタイルはヘリンボーン・パターンでひと手間かけます。見る人は見ている、こういうところ。





ライトアップがNYの情景を醸し出しています。
ディスクライトは外リノがよく使うデザイン。




今回は工事着工直前のオーナーからのご相談。
原設計をデザインでどれほどリメイクできるかというチャレンジです。
モールディングの配置バランスが建築を程よいアパートのスケール感を決定します。





風除室はブリックを壁一面に。通りのいびつな目地が手作業の温かさを伝えていますね。
エンジンドアーはアンティークな框組みドアーをデザインして、空間に程よい重みをもたせています。




ホールに見える屋内階段はコンクリートの手摺を取りやめ、アイアンとタイルの床が覗くように変更しています。
空間が広がり、階段自身が画になっていますね。




挿し色にオリーブを使用してるのは、華やかさをもたらせる目論見です。