あえて残す

カテゴリ:ブログ, 新着情報・トピックス, 材料選び, 現場報告写真




リノベーションで空間の雰囲気をガラッと変えるため、
床を張り替えることがあります。

機能的に貼りかえる必要性がある場合もありますが。
(例えば、タイルが割れている・床がすべりやすいなど・・・)
逆に、その雰囲気を活かす為、既存のままの場合もあります。

更には、床材をはがして、剥がし跡をあえて残す場合も。

床一つとっても、手法はさまざまなのです。





こちらの写真の物件は、今話題の“グランピング”がコンセプト。



少し無骨でラフな印象を出すため、廊下の床に一工夫。

あえて半分だけ長尺シートを貼り、残しは塩ビタイルを剥がした状態でクリア仕上げ。
空間の緩やかな区分けにもなり、印象もUP。



ちなみに工事前はこんな感じでした。








本田

株式会社インターデザイン 
◎東京オフィス
〒107-0062東京都港区南青山4-10-12 VICOLO南青山
PHONE 03(6434)9987・FAX 03(6434)9986
◎大阪オフィス
〒541-0054大阪市中央区南本町2-2-2 明治屋南本町ビル
PHONE 06(6271)5566・FAX 06(6271)5577