オーナー様の声。 千葉県

カテゴリ:お客様の声, お客様の声, ブログ, 外リノ事例


DSCN4067-1
『外リノ』をご採用いただいたオーナー様からのご感想です。


*************************************


2013年にインターデザイン社にデザインを依頼し、東京にある小さな戸建てマンションのリノベーションを施工し、結果に大変満足をしていました。


2014年末、千葉県のとある町のアパートを購入するにあたり、私自身インターデザイン社にリノベーションプランを依頼することをイメージしながら、購入の検討をしていました。その戸建てアパートは、なだらかな勾配のある道路に面して連なる7戸のテラスハウスです。昭和62年新築(築28年)です。昨今テラスハウスという造りの共同住宅はあまり見かけなくなりましたが、実は私が最初に購入した自宅はテラスハウスでした。昭和後期に流行した造りです。購入を検討したテラスハウス造りのアパートは2階部分が寝室と洋室、1階部分は居間とダイニングキッチンとバス・トイレで構成された3DKです。自分自身のテラスハウス生活経験から、2階部分がある住居は、階段を隔てて生活に区切りがつけられる(1階部分が多少騒がしくても、2階では静かでいられる等)という意味で、借主の方に快適な空間を提供できる可能性があると思いました。ただ、建築後28年間、前オーナーが大修理をした形跡はなく、購入後のリノベーションは必須だと思いました。


購入後早速、青山にあるインターデザイン社(以下、「インター社」)を訪れ、デザインの検討に入りました。私が依頼するのは2回目という事もあり、インター社の仕事の進め方は概ね理解していましたので、今回はデザインコンセプトというか、私の希望を最初からぶつけました。その希望とは、米国、サンフランシスコにあるGLEN PARKのイメージです。サンフランシスコは坂の街です。日本で言う路面電車は、ケーブルカーの造りになっています。今回のアパートを見た瞬間から、そんなアップダウンの多い丘陵地帯にビクトリア建築が連なるグレンパークのイメージが私の脳裏から離れませんでした。そして私の好きなその光景を千葉で再現できたらどんなに楽しいだろうかと、自分勝手にわくわくしていました。ですので、リノベーションを機会にアパート名もグレンパークと改名するつもりであることまで宣言していました。


数週間後デザイン図が出来上がりそれを初めて見せて頂いた時、今回もインターデザイン社にお願いして良かったと思いました。私のイメージをうまく表現していました。コンセプトは「西海岸」です。キーワードは「緩やか」「リラックス」です。


今回のアパートは建物の設計図がありませんでした。インター社のデザイン提案書はそれ自体が、施工会社に提示する仕様書になります。設計図があれば、面積や高さや幅の指示も数字で表現できるのでしょうが、設計図がないので、施工の段階でインター社の出番が相当増えるであろう事が予測できました。


施工会社を決めるために見積りを依頼します。見積り依頼したのは4社です。見積り段階から、たとえば、土間は塗装をするのか?とか、給湯器の塗装はどうするのか?とか、玄関灯は仕様書通りの品物でないとダメか?とか、さまざまな質問が依頼者である私に寄せられます。そのたびにインターデザインさんに確認をして統一的な見積りが出来るように各社に連絡をしました。その結果ですが、最高値と最安値の間で相当な開きがありました。相見積りを取ることの重要性を再認識しました。


施工会社も決まり、いよいよリノベーション工事が始まりました。工事期間中、現場で施工会社から仕様変更について幾度か提案を受けました。そんな時にインター社の勝山さんが上手く調整をしてくださり、仕様書通りの指示をガンとして主張していただけたことも、前回同様、非常にありがたかったです。


案の定、設計図が無いがゆえに、仕様書では表現できない、たとえば塗装の塗り分け境界ラインや、玄関タイルの並べ方や、バルコニーの内側等の仕様書に写っていない部分の塗装方法や、サイン塗装の位置等、様々な追加指示が発生します。その都度インター社が追加指示をPDFファイルにしてくださり、私はパソコンメールで受け取り、施工会社に対して遅滞なく指示する事が出来ました。


また、工事終了間際に、インター社に現場を見て頂き、私の認識不足でしたが、玄関の枠木の塗装色の勘違いや、外構フェンスも塗装した方が良いと指摘いただけたことも、素人の私の限界をカバーしていただけたという事で、非常にありがたく思いました。


今回のリノベーションを通して、直接的に私の夢が、私の希望通りに実現できたこと。また、仕様書がしっかりと出来ているので、自信を持って見積り会社と交渉できたこと。今後、自信を持って入居者様に快適な居住空間を提供することが出来るようになったこと。またインターデザイン社がリノベーション工事に対して、細かなことも見逃さないし、妥協しない姿勢を改めて感じ、アパート経営者と良きパートナーシップが組める会社だと再認識しました。



*****************************************


千葉県、N様、コメントありがとうございました。
今後ともよろしくお願いいたします。


この物件の外観リノベーション事例はこちら



ちなみに2013年の外リノ事例はこちら







株式会社インターデザイン 
◎東京オフィス
〒107-0062東京都港区南青山4-10-12 VICOLO南青山
PHONE 03(6434)9987・FAX 03(6434)9986
◎大阪オフィス
〒541-0054大阪市中央区南本町2-2-2 明治屋南本町ビル
PHONE 06(6271)5566・FAX 06(6271)5577