住宅街のホビーボックス

カテゴリ:オーナーさまの声, オーナーさまの声, ブログ






『外リノ』をご採用いただいたオーナー様からのご感想です。



*************************************



住宅街の一角にダークネイビーとホワイトの外壁、イエローのガレージがライトに照らされ、
遠くからも目立つ。憂鬱な雨の夕方の気分も吹き飛び、心も弾む。

「うちの物件がこんなにグレードアップされるとは」




インターデザイン社との出会いは2015年のセミナーがきっかけ。
ブース内で勝山さんからいろいろな物件の「Before After」の写真を拝見しました。
劇的に変貌した様子に驚きましたが、その場ですぐに見積りをとってもらうという勢いにはなりませんでした。



それまで数棟のアパートを保有していましたが、内装をグレードアップして、
入居者が満足して、長く住んでもらえることを考えていました。

「室内で過ごす時間の方が長いので、客付けに外装はそれほど影響がないのでは」
外回りは補修程度で済ませていたのです。



転機は突然にやってきました。千葉で大規模な被害が出た2019年秋の台風です。

うちの物件は1度目の台風で屋根の一部が吹き飛びました。

屋根はブルーシートで応急処置をしましたが、これを機会に全面的に直そうという話になりました。
駅からバスで15分という立地もあり、客付けに苦労していたので、何とかしたい。



数社に提案をお願いしましたが、どれを見ても「これではやらない方がましだ」と思いました。

数年前にインパクトを受けた「Before After」を実現できないか。勝山さんに相談しました。



デザインの提案書が出来上がったのは年明けでした。

見てびっくり。築26年のアパートが、大人の男たちの「ホビーボックス」に変わるイメージが盛り込まれていました。

入居者は独身男性が多く、車やバイクの両方を持つ方もいます。
その実態をコンテナやツールボックスのイメージに落とし込み、
全く違う物件に作り直すようなインパクトです。



不安に感じたのは、このイメージ通りに施工できるのかという点でした。

数社から見積りを取っていましたが、「そこまでできるか保証できない」と言う会社もありました。

たまたま、1社が数年前にインターデザイン社の仕事をしていたので、施工はそこで決まり。

工事中は、週1回、施工会社から途中経過の写真をメールで送信してもらい、何の不安もなく工事が終わりました。
提案書通りの仕上がりでした。



工事中、施工会社は通りがかりの方から

「この界隈のランドマークになりそうですね」と声を掛けられたそうです。

管理会社からも「(空室の1室は)少し高めの家賃で募集しましょう」との提案がありました。



残念ながらコロナ自粛の影響で、原稿執筆時点で入居は決まっていないのですが、
以前のように周辺の競合物件との家賃の値下げ合戦に参戦しなくて良さそうです。



テレビドラマ化された「人は見た目が100%」というコミックがありましたが、
アパートも見た目が70%以上だと思うようになりました。
平凡な外装だと見てもらえない。



室内を立派にするにも資金が必要で、採算が合うかわからない。

外装のインパクトは、それらを解決する一つの方法だということを気づかせてもらいました。






***************************************




オーナーU様、コメントありがとうございました。
今後ともよろしくお願いいたします。



完成は外リノギャラリーで



【工事前】

【デザイン画像】

【外リノ後】

【外リノ後 夜景】






















勝山

株式会社インターデザイン 
◎東京オフィス
〒107-0062東京都港区南青山4-10-12 VICOLO南青山
PHONE 03(6434)9987・FAX 03(6434)9986
◎大阪オフィス
〒541-0054大阪市中央区南本町2-2-2 明治屋南本町ビル
PHONE 06(6271)5566・FAX 06(6271)5577