働くオトコ

カテゴリ:その他, ブログ


三連休前の木曜日夕刻、以前デザインをご以来いただいた東京のクライアントさんから連絡があり、
どうしても年内にひとつのプロジェクトをデザインしてもらいたい。
という再オーダーをいただきました。正確には2棟ですが。。。。。

電話を受けたマネージャーが、社長の自分に報告をしてくれたのは、
クライアントさんへ二つ返事をした後でした。

早速明日現場の岡山へ飛んで、2物件の調査をすると云うことです。
週明けには東京へ移動しなくてはいけない彼から、
年内のデザイン渡しなので、必ず2棟のデザインを週明けに仕上げてほしいというお願いをされました。

もちろん彼の熱意に負けてはいられません。
こちらも二つ返事でマネージャーの気持ちを受け止めます。
翌日マネ-ジャーのFBで、レンタカーを駆って現場調査へ向ったことを知りました。

ボクはもちろん、十数年共に働くマネージャーも、気が付けばもうオジサンの領域でが、
彼は自分のために働くコトの意味をよく知っています。
お客さんのために精一杯働く実感と喜びは、
本当に精一杯働かないとわからないものです。
そうして得た信頼や経験は会社のものではなく自分のものとなります。

喜びのため、自分のために働くことで、時には曜日や時間のことも
遠くへ置き去りにすることもあるでしょう。
その考え方はもしかすればブラック企業なんてレッテルを張られそうですが、
ウチの場合、懸命に働くオトコが社内外で最も信頼をされていることは事実であり、
働くオトコの背中を若いスタッフへを見せてくれていることへ感謝です。

unnamed