谷町オフィスビル再生

カテゴリ:ブログ


大阪市谷町筋のオフィス街、このあたりに集積する70年代、80年代のビルは老朽化が進み、
建て替えもしくはリノベーションするタイミングにかかっています。
今回は谷町3丁目の一角、地場ゼネコンさんが本社としていたオフィスビル、
外観全体と新しいオーナーでもある不動産会社が入るオフィス空間のフルリノベーションです。
贅沢にコストがかけられたビルの持ち味を生かしながら、新しい企業のカラーや
入居するテナントのために近代的で心地よいテイストを視覚化しています。
外壁は撤去部分を少なくし、可能な限り原型を利用することでコストセーブを行います。
ただし共用部や内部空間の家具など、一点豪華で全体のグレード感やオリジナル性を
高める工夫をしました。
谷町筋に光る夜間のブルーライトはクライアントのコーポレイテッド・カラー、
“谷町BLUE”。